--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 
2005'01.22.Sat

「硝子のハンマー」貴志祐介

硝子のハンマー

初のミステリ?

前半ミステリは緻密で丁寧なせいか、テンポが遅く、ちょっぴりじれじれ。でも後半はさすがお手のものというか、サスペンスとホラーとぞくりとくる怖さが。ぐぐっと引き込まれるよ。

大好きな貴志氏だったわけだけど、それにしては物足りないという気も……。最後ももうちょっとあの話を引きずってほしかった。

とりあえず榎本さんが素敵。

それにしてもタイトルはさすがというか、なんというか。消えた凶器のことを揶揄してるのかなって思っていたら、そ、そうくるか!トリックはなかなか。それはすごい。

コンビネーション! ★★★
├貴志祐介トラックバック(0)  コメント(0) 
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。