--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 
2004'12.10.Fri

「山ん中の獅見朋成雄」舞城王太郎

山ん中の獅見朋成雄

さっぱりわかんないな舞城。
それでもまいっかな勢いで読んでしまう舞城。

せんちきのパロらしい。本人が言っていたわけじゃないけど。

舞城がわからないのか、純文学が俺にとって鬼門なのか、それでも読んでしまう舞城。読みやすいんだ。嫌いじゃないんだ。この文圧でもさらりと読めてしまうんだ舞城。

これはやっぱりわからないままで、おもしろさもこたえも求めるべきじゃないんだろう。と思いつつも、舞城擬音うまいなーと。僕の強さにびっくりしながら、でもこの子まっすぐだと感じた。悪くない。公案だろうが、純文学だろうが、とにかく舞城。

またさっぱりわかんねえなと思いつつ読んでしまうんだろうな舞城。

わかんない度 ★★★★
├舞城王太郎トラックバック(0)  コメント(0) 
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。