--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 
2004'12.05.Sun

「凶笑面 蓮丈那智フィールドファイルⅠ」北森鴻

凶笑面―蓮丈那智フィールドファイル〈1〉

「女王さまと下僕」みたいな蓮丈那智先生と内藤くん。
民俗学とミステリがほどよい感じでじっくりあっさりとした感じ。これぞ北森氏だ!と思う。

がしかし、これ読んではっきりと思った。
理系でよかった。
ディベートとか論議とか、すっごい苦手なわけで。しかもこうはっきりとしないのはそれも一種の魅力かもしれないけど、それを永遠と先生と話すのは、い、いやすぎる。それで結論がなかなかでてこないってどうよ?

カナリヤと狐さんがでてきたのはうれしかったけど、ななななにがあったんだよ冬狐堂さん!気になる!

それにしてもフィールドワークといえば、かの犯罪学者を思い浮かべてしまうのはミステリスキーというよりも腐女子だからです。

大好き度 ★★★
├北森鴻トラックバック(0)  コメント(0) 
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。