--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 
2004'12.04.Sat

「ダレン・シャンⅡ ―若きバンパイア―」Darren Shan

ダレン・シャン2―若きバンパイア

「なんだ?」
 と、急に声をかけられて、ぼくは飛び上がった。
「なんでもかまわん、言ってみろ」
「えっ、どうしてわかったの?」


そ ん な 会 話 が 大 好 き で す ! !

弟が先に読んだので聞いてみた。
「スティーブ出てくる!?」
「全然」
というわけで新しく友達のできたダレン。スティーブとはちょっと毛色が違う、かわいいいい子系の友達。登場人物が増えていくのは楽しい。まー、しかしそれ以上に萌えなのが、クレプスリー!!!!

一巻では敵愾心を燃やしていたダレンだけど、ちょ、ちょっと!これ!このクレプスリーかわいすぎるから。どどどどどしよ。クレプスリー!!そしてダレンも少しずつ彼に気を許し始める。

が、本当びっくりした。クレプスリーが血を飲ませようとしたとこ。すっごいやさしいじゃないか!いい奴じゃないか!最初こんないい奴だとは思ってなかったけど、クレプスリーもダレンに対して愛情を抱き始めたというのか。と、とととにかく萌えた。ダレンはクレプスリーをまだ許せないんだけど、でもクレプスリーのやさしさはちゃんとわかっていて、こう自尊心が。反発をしてしまうのが、なんとも激しく萌えだった。

最後のほうでクレプスリーが助けにきたとことか、本当どうしようかと思った。

し ぬ か と お も い ま し た よ 。

何この児童書。世の中こんな児童書ばかりでいいのか。
あとがきに三巻で、ふたりの仲がよりいっそう深まるとかなんとか。ころされるかもしれない。

萌え度 ★★★★
翻訳トラックバック(0)  コメント(0) 
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。