--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 
2004'11.30.Tue

「あらしのよるに 4~6」きむらゆういち

きりのなかで あらしのよるに (4) ちいさな絵童話 りとる どしゃぶりのひに あらしのよるに (5) ちいさな絵童話 りとる ふぶきのあした あらしのよるに (6) ちいさな絵童話 りとる

「もちろんでやんす。だって、お、おいら、いまはヤギのにくじゃなくて……。」
 ガブはしたをむくと、ちいさなこえでポツリといった。
「ヤギが……すきなんす。」


というわけで後半戦イッキ読み。
きたーーーーー!!
すきなんす。すきなんす。すきなんす。
ここここく、告白しちゃった!!ガブ!!!!いけそのまま押し倒せ!(腐女子
このへたれがたまんない!ガブたまんない!どきどきして読んだよ。絵本なのに、本当どきどきする。たまんない。

ガブがメイに気を使うんだけど、この天然メイが気づいていないかなって思ったら、気づいててすっごいタイミングで声かけるもんだからし、しぬ。かわいい。すっごい読み漁った。

きりのなかでどきどきはらはらして、メ、メイが喰われる!と何度も心配して、その次のどしゃぶりでほっとしたと思ったら、最後にきた。ぐわっときた。やられた。もう、どどどどどどどうなるのよ!?とふたりの先を心配して、願わずはいられなかった。ロミオとジュリエットじゃないか!
このふたり、幸せに、楽園を見つけてくれ!と祈りながら読んだ最終巻。な、泣く。泣くから。絵本でここまできたのは初めてだよほんと。メイが、ガブのためにってのが、切ない。切な過ぎる。その直後のガブも、もう、いい!そしてガブがメイを覆って吹雪から守ろうとする姿が!な、泣くよ。もう。切な過ぎる。
そして最後の終わり方!!(号泣
続きがあるんじゃないかと、願わずにはいられない(涙涙
切ない。切ないよー。

特別編がき、気になる。

大好き度 ★★★★★
├きむらゆういちトラックバック(0)  コメント(0) 
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。