--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 
2007'11.08.Thu

「紫嵐」五條瑛




「春になったら、この街に嵐を起こそうよ」
「嵐だって?」


断鎖の亮司はチンピラだったのに、紫嵐の亮司のかわいさといったら!
裏社会で生きてきたにしても、やっぱりほかの人からみたら亮司はまだまだいいとこの坊ちゃんでしかないようで、鳩のまぶしいものでもみるような見方がたまりませんでした。
サーシャが拾った子どもがこんなにも元気になっててよかったです。そして聡明でやさしい子。鳩とふたりでまったりしてるところが大好きです。ほのぼの。

鳩はどこにいっても結局鳩でしかなく、サーシャに選ばれることがなかった鳩が少し不憫でした。でもその分ビジネスというか、取引に関しては公平に(?)どちからといえばサーシャのほうが優位だけど、その分はしっかりと働いてくれたみたいです。

すみれが大食い大会のTVを見て怒っていた場面は本当日本人として恥ずかしいです。高級食材を使用したTV番組や料理店を取り上げたりするのは見ていてときおり嫌気がさします。そういう番組があるのは当然の事で、そんなこといっていたら、料理店なんて営業できるはずもなく、どうしようもないことですが。

嘉瀬と一紀コンビもいい。狂犬かわいい。

すみれはいい攻になるよ 受でもいいけど ★★★★
├五條瑛トラックバック(0)  コメント(0) 
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。