--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 
2007'08.19.Sun

「友よ、背をむけるな」生島治郎

友よ、背をむけるな
友よ、背をむけるな


元刑事の私立探偵志田司郎のもとにサンパウロで行方不明になった息子を探して欲しいと老婆が尋ねてくる。司郎は胡散臭く思い、断ろうとしていたが、老婆の依頼が原因で襲われてしまい、引き受けることを決意する。

典型的な一匹狼のハードボイルドです。前に安くなってて、ハードボイルド読みたいなって買ったものです。本自体も昭和五十五年初版!初めて生島先生読んだけど、……(;´∀`)

全然別の方向に進んでると思ったら、わりと真実が近かった。どんでん返しがあるものの、あまり入り込めなかったというか、司郎が屈強でタフな男と言うことはよくわかりました。

前作があったのね、警察やめるまでの話が 
└その他トラックバック(0)  コメント(0) 
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。