--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 
2007'06.14.Thu

「めざせマのつく海の果て!」喬林知



 自制の利かない意識の中で、おれは石みたいに重たい腕をもちあげようとした。
 服の色なんかどうでもいい。
 服の色なんか、どうでも。


本編ですよーーー!うわーーい!待ってまった!

一度地球に戻ってきてしまったユーリはもう一度眞魔国に行くことができないか、考えながら過ごしていた。そんなとき、ムラケンの学校の文化祭中のプールで、とうとう待ちに待ったスタツア。ついた早々、眞魔国では外交問題が勃発していた。

新章突入です!
冒頭の彼女ができました宣言にびっくりしたもの、結局あいまいのままだった、ユーリが眞魔国にいく方法がないかといろいろためしたり、めちゃめちゃへこんでいる様子に胸が締め付けられました。ユーリってばそんなに眞魔国のことを!むしろ眞魔国も心配だろうけど、やっぱり心を占めてるのは次男のことなんだろうね。文化祭で心配するムラケンもやさしくてよかったです。渋谷はほんとみんなに愛されてる。

魚人に吹いたり、中華料理のターンテーブル会議に吹いたり、コーンヘッドに吹いたりしながら、新章なので、新しい人も登場です!サラは一度ドラマCDで声をちょっとだけ聞いていたので、登場したところからずっと石田ボイスで頭に入ってきました。独裁者というよりも意外な性格で、ユーリも拍子抜けしてましたが、なにやら不穏な香りが!

そしてとうとう!とうとう!どたばた騒動中に、あの人が!
久々の登場に、きゅんハートなんてしてる場合じゃなくて!
再会シーンもとても切なくて涙が出る;;

自分の力でなんとか兵士を助けようとするユーリに、多分コンラッドはまったく、あなたって人は…なんて思ってるはず!だけど、何もいえなくて、ただ口だけが声もなく、ユーリと刻んでしまうコンラッドに、それをみて、ちゃんと自分の名前を呼んでることに気づいてしまうユーリ!切ない!!!

その後のギュンとコンラッドの戦いがまた泣ける!ギュンターも本心はまだコンラッドに戻ってきてほしいんだね。

そして何もかもがハイスピードで、ヴォルフがあんなことになってびっくりしたり、接吻発言で吹いたり!

ほんとご馳走様でした!ギュンもいっぱい活躍ありましたね今回。いつもと違ってかっこよかった

コンラッドに関しては切なくてつらくてつらくて、何度も泣けてきますが、それでも前に向かおうとするユーリに元気付けられて、がんばろうという気になります。がんばれユーリ!そして次回はまたも外伝!

量産型アニシア ★★★★
├喬林知トラックバック(0)  コメント(0) 
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。