--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 
2007'06.05.Tue

「埋み火」日明恩



「俺は、お前に生きていて欲しい。――そう強く願っている」

ずっと前から読みたくて読みたくて、待ってたけど、ようやく読めました。警官シリーズも大好きだけど、私はこっちのほうが好みです。鎮火報ではほんと、激しくいろんなところで萌えさせてもらいました。萌えすぎて笑いすぎて、死ぬかと…。

そんな消防士の話です。
今回はちょっと厚みもなくて、話も大きな事件が起きるわけではないんですが、やっぱりどのキャラも魅力的で、漫画的といってしまえばそうかもしれないけれど、生き生きとしていていっぱい吹き出してしましました。

九時五時の事務仕事への移動を希望しながらも消防士として日々活動している雄大。あるとき失火が原因で高齢者が焼死してしまう事件が続いた。雄大は高齢者とかかわりを持つ少年を見つける。

その少年・チビがめちゃくちゃかわいくて!小さいほうのハムスターって表現が出てくるんだけど、小さくて行動がハムスターみたいで!豆柴ことクールでアバンギャルドでリアリストの友人・裕二も笑顔がかわいい!雄大とふたりでこつんとこぶしをぶつけるシーンが素敵です!裕二がチビのことを思って、マーボーナスをあーんと食べさせるシーンもかわいいです!きゅんとする!

洪さんのマーボーシリーズは読んでてもおいしそうで、私もマーボー食べたくなって、麻婆豆腐作りました。今度は麻婆春雨作りたいです!

仁藤はあまり出番がありませんでしたが、いいところはすっともっていってしまうのは相変わらずで、そのくせ雄大のストーカーだったりして!ほんとかわいいなー!お互い大好きなくせに、意地張って!

そして最後にあの人が帰ってきます!うわー!

カメはカメでも立派なカメ! ★★★★
├日明恩トラックバック(0)  コメント(0) 
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。