--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 
2007'06.04.Mon

「クドリャフカの順番 「十文字事件」」米澤穂信




占い研究会から 運命の輪は既に失われた
                         十文字


古典部第三作目!
今度は文化祭!カンヤ祭です。

ちょっとした手違いで30部のはずが200部になってしまった古典部の文集「氷菓」。それを売り切るために部員たちはカンヤ祭でそれぞれ行動することになる。

それだけでも話として読めますが、ちょっとずつ続いているのがうれしいです。全然関係ないと思っていたものが思わぬところでつながっていくのが米澤マジック。

最初姉からもらった壊れた万年筆から、次々と別のものに変わっていくわらしべ長者になっているホータローがおもしろかったです。
文化祭でのそれぞれの活躍、イベントもので活躍していくふくちゃんに、全然役に立たなかったり料理の腕を見せたえるや、漫研で先輩に操られるままに見世物となる摩耶花、店番に専念するホータローと見所はたくさんありました。文集を売るために頑張る部員と、その中で事件が起きて、その謎もまた魅力的で、それがつながったときはあっとなりました。

今までとは少し違って、部員全員の視点からなので、うろうろっとすることもありましたが、きれいにまとめてあります。ラストがうまくて、とても気持ちよく読み終わりました!

えるの料理が食べたい
摩耶花のコスもみたい ★★★
├米澤穂信トラックバック(0)  コメント(0) 
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。