--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 
2007'06.02.Sat

「きっとマのつく陽が昇る!」喬林知



「言ったはずだ。あなたになら」
 それでもおれには、額に冷たい汗を浮かべたコンラッドが、血の気の引いた頬と口端を上げて、不適に笑うのが判っていた。
「……手でも胸でも命でも、差し上げると」


ムラケンと夏休み海でのアルバイト中、おなじみのスターツアーズ発生。しかも今回はひとりじゃなくて、一緒にあのムラケンも!

最初からいやな予感がしっぱなしで。
箱編の始まりですね。

ギュンは撃たれるし、コンラッドの腕は飛んでしまうし、離れ離れになってしまうし、真魔国は大変なことになってるし、どうでもいいんですけど、ムラケンとユーリの格好も激しくどうにかしてほしい。
どんな格好ですか!
コメディも全開でロビンソンとクルーソーには笑いました。オキク人形にも!ギュンはどれだけいじられキャラなんだ…!

離れ離れになって流れ着いた先が仮面領主のいる小シマロン領カロリア自治区。そこでもまたロビンソンとクルーソーは騒動に巻き込まれる。
ときどき吹き出しては笑いがとまらなくなるけど、ところどころ切ないシーンも思いもあったりで気が抜けません!ヴォルフも成長してて、三男かっこいい!でもかわいい!と悶えました。でも一番はコンラッド!そのコンラッドの行方がわからないままなので、不安を抱えたまま次回へ。

箱編は長そうなので気長に。
でもコンラッドが心配だわ。

お菊ギュンター ★★★
├喬林知トラックバック(0)  コメント(0) 
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。