--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 
2007'04.11.Wed

「幻惑の死と使途」森博嗣

幻惑の死と使途―ILLUSION ACTS LIKE MAGIC

「綺麗という形容詞は、たぶん、人間の生き方を形容するための言葉だ。服装とかじゃなくてね」

おなじみのSMシリーズ。
奇術師・有里匠幻がショーの最中に殺され、霊柩車から遺体も消失。

いつのに比べたらトリックが大掛かりのような気もするけど、それはマジックショーだからですね。最後になっても、犯人がえ??これ誰??と思ってしまいましたが、読んでて印象がほとんどなかったようです。

夏のレプリカと同時期の出来事なので、それもあわせて読むといいです。第二章まで話がわかります。その続きも。

★★★
国内トラックバック(0)  コメント(0) 
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。