--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 
2007'04.09.Mon

「数奇にして模型」森博嗣

数奇にして模型―NUMERICAL MODELS

「クリップを人質に取るなんて、卑怯です」
「手段を選ばない方だからね」


読む順番間違えた…!orz

幻惑と夏と今を飛ばして読んでしまいました…。久しぶりすぎた。

SMシリーズです。九冊目ぐらいかな??
二つの密室と首切りのなぞ。犀川先生も萌絵ちゃんもいつもの調子です。お嬢様のコスプレもちょっと見もの。
先生の調子には、たまにイラってくるけど、萌絵ちゃんは先生の子と好きだからそんなことも別にたいしたことじゃなくて、すぐに許してしまうんだけど、私は別に先生がすきでもないから、イラってきます…。お嬢様のわがままにイラってくることも…でもどこか憎めない。この辺、ラブちゃんの気持ちがよくわかるわー。

ミステリとしては、そんなにびっくりすることもなく、ある意味びっくりしたけど、そういうミステリもあるわなーて許してしまえるのはディテールまでしっかりと書かれた小説だからだと思います。そういう意味ではうまい。

犀川語録もいろいろと懐かしくておもしろかったです。意味なしジョーク。

喜多先生と金子くんが好きです ★★★
国内トラックバック(0)  コメント(0) 
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。