--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 
2007'04.01.Sun

「天の羅摩船」熱田伊佐夫

天の羅摩船
天の羅摩船


リサイクル市でいただいてきた本なんですが、あまり発行してない本なのかな。どんな本なのかもまったくわからず読み始めたんですが、SF???
何もかもをUFOを結びつける考え方はあきれるを通り越して、苦笑さえも。小説じゃなくて、素人が書いた論文…レポートみたいな印象を受けました。小説なら、小説らしく読む側に対する配慮がもう少しされてもいいと思う。読みにくいのかっていったら、そうじゃなくて、簡単な文章で書かれてるけど、説明がほとんどないです。緊迫した場面は緊張感がなく、ご都合主義で話が進んでいるような気がします。

いくつか出てくる理由にしてもあきれるものばかりで、ちょっと残念です。半減期と身長の伸び率を一緒に語ったときにはさすがに笑ってしまいました。

目の付け所は悪くないと思いますが、こじ付けがすぎる…。

竜が葉巻型UFOだなんて 
国内トラックバック(0)  コメント(0) 
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。