--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 
2007'03.25.Sun

「女王陛下のアルバイト探偵」大沢在昌

女王陛下のアルバイト探偵(アイ)

「冴木隆、志望校は?」
「はい、一応、あの早慶を含めた六大学というところで。あの、一ヵ所、税金でまかなわれている大学に関しては、やっぱり納税者でもないのに行っちゃ、マズいかなー、なんて……」
「はい、わかった。予備校の資料によく目を通しておくように。次――」


アルバイトアイ第三弾(でいいのかな)。初の長編!
短編かなって思って、読み始めたら長編で、とまりませんでした!
そうでなくても、リュウくんと親父の会話が楽しくて、かわいくて、危険な状況を冗談めかして言うふたりがとってもいいです。展開も早くて、次はどうなるんだろう、どう狙われるんだろう、これはわなじゃないんだろうかってどきどきしながら読んでいきました。とっても読みやすくて、おすすめです。女王のミオへのリュウくんの淡い想いが恋に変わっていく様子が好感。ほほえましかったり、胸がきゅんと切なくなったり。一生懸命な姿がすごくかっこいいです。
格闘シーンは息を呑んで、ページをめくる手が止まらなかったり。
ワニのところは本当に笑った。そうでなくても会話で笑うところも多いです。

探偵レンチ ★★★★★
国内トラックバック(0)  コメント(0) 
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。