--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 
2006'11.26.Sun

「四日間の奇蹟」浅倉卓弥

四日間の奇蹟

感想が別れる話かも…。このミスはミステリではないと最近気づきました(…
友人が売れなかったので、もらいました。ちょうど旅行の予定があって、そのときのお供としてもっていったら、うっかり全部読んでしまいました。イッキ読みしたってことはそれなりにおもしろかったわけで、でも内容はよくあるパターンで、医学的面からも、話の展開からもそれはないだろ!とつっこみたくなる部分も多かったわけで。でもうっかり泣いてしまったわけで。

言ってしまえば、前半が長い!そのタイトルにしたなら、それが起きることを期待するわけで、そこまでが長いとだるい。うまくてもだるい。

それが始まってからは慌ただしくて、言ってることはわかるけど、ちょっときれいごとすぎる気もする。何事も恋愛にからめるのもどうかと思いますよ…。

奇蹟てよりも気まぐれみたいな ★★
└その他トラックバック(0)  コメント(0) 
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。