--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 
2006'04.18.Tue

「青空の卵 文庫版」坂木司

青空の卵

「鳥井、今月はカレー月間なわけ?」
「まぁな。どうせなら色々なパターンを作りたいしな」
「だから玉ネギをキロ単位で取り寄せた、と」
「いいじゃねぇか。カレーはベースが大事なんだよ、坂木。わかってんのか?」


文庫落ちしたのは二月。気づいたのが三月。そっこう買いで。ハードカバーでも読んだけど、やっぱり手元においておきたい一冊。

考えさせられるセリフも多いし、ミステリとしても好きだし、トリイはかわいいし、料理も魅力的だし、なんといっても二人の関係が萌える

三部作の第一作目。
文句なしにオススメ。

過去の感想はこっち

どっちかってっと前の装丁のほうがすき ★★★★★
├坂木司トラックバック(0)  コメント(0) 
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。