--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 
2004'11.23.Tue

「ランブルフィッシュ 1~2」三雲 岳斗・川下 寛次



無性に本を買いたくなるときがある。

原作があるんだっていうか、原作結構売れてるのねと知った。素直に言いましょう。男目当てでした。タイプの違う男の子が四人もずらりと並んでたんだもの。こう、刺激されるじゃないか!こう、くすぐられるじゃないか!
で、読んでみたらロボット出てきて、え?え?ガンダム系ですか?と戸惑ってしまうが、素敵な男の子陣にふらふらしてしまう。

椎名×瑞原は読めた!主人公は受けでいいと思う。林崎×高尾でいいと思う。どうよ?

読んでる途中で横から妹ぎみにさらわれ、「誰が好き?」と聞かれる。悩んで「林崎」と答えると「やっぱり」と言われる。そ、そう?妹ぎみは椎名好みらしいです。私は、一瞬椎名がジロちんにみえたよ。

本日の評価 ★★
コミックストラックバック(0)  コメント(0) 
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。