--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 
2006'03.04.Sat

「WEED」木原音瀬

オンライン書店ビーケーワン:Weed

二本入ってるんですが、ええ、一本だけ読んで半年ぐらい放置してましたよ、ええ。

なんていうか、多分私の萌えとカプが合ってなかったと思われる。もう読まないんじゃないかってぐらい、枕もとに放置して、ようやく読みました。

この作者自体が初めてで(今更!)、でも売れるのわかるなーというぐらいきゅんときたのに、放置。やばい、ちょっ、本が色あせてきてr

しょっぱなからあれだったから、リバなんてないと思ってたのに、正しくはあれの逆なのね!リバはきらいじゃないけど、でもどちらかというと固定が。もしくはどちらかわからない野郎どもの友情が。

うまいというか、しっとりした文章書く人だなと思った。文はきらいじゃないけど、長すぎるとちょいだるくなるかも。でも一作で決めるのはあれなので、またほかのも読みたいです。

悶々とひとりで悩んで自滅していく若宮さんがかわいかったです。意地っ張りな子大好き!やつあたりするのに、岡田が甘くて、やさしくて、でもわかっててもあたらずにいられない若宮にきゅんとなりました。

シリーズとしてあと二冊あるみたい。谷脇か、それ萌えんな!楽しみ!

いきなり強姦とは人としてどうなの… ★★★
国内トラックバック(0)  コメント(0) 
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。