--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 
2006'02.23.Thu

「球形の季節」恩田陸

球形の季節

「なぜって――おまえなら、“跳べる”からだ。俺と一緒に行けるからさ」


眠りながら読んだらあまり記憶に残らなかったが、とある一章だけは目が覚めました。すごい。

恩田氏のお得意の学園ホラー。
楽しい中にも怪しい雰囲気が絶えず漂い、もやの中を歩いているような奇妙な居心地の悪さ。人のちょっとした行動が行動を呼び、どんどん大事になっていく恐怖感。

事件が起こってそれを調べようとする。といってもそんなだいそれたことじゃないんだけど。恩田ミステリでもあるんだけど、が、今回はなぜ曖昧のまま…。そ、そんな中途半端なっ。人によって、曖昧に終わらせるのが不気味だったり、怖かったりして、いいのかもしれない。だけど、いろいろと事件を起こして、引っ張っておいて、片付けもせず終わるなんて、それはあんまりな…!ちゃんと伏線回収してよ!ファンタジーでおわらせないdd!!

ミステリというのはどうみてもはまるはずのないパズルが最後にはきれいにはまって、すっきりというのが多いから好きなのかもしれない。夢のない大人になったものだ…。

それぞれの章のタイトルが長くて、お題みたい。こんなお題ありそう。


ともあれ、フ女子には見過ごせない場面がちらほら。
恩田氏の男同士のからみは萌えるからね!第十章は見逃せない。

「彼、秘蔵っ子だからなあ。でも、謙虚でいい子なのよ」
「うん。校内で何度か見かけてて、頭良さそうだし品のいい子だなって思ってた。あの時、溺れかけているのが彼じゃなかったら、俺出ていかなかったかもしれないな」


好きなんでしょ!お気に入りなんでしょ!!

最後のほうの晋とジンさんも… ★★
├恩田陸トラックバック(0)  コメント(0) 
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。