--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 
2004'11.23.Tue

「緋友禅―旗師・冬狐堂」北森鴻



狐罠でうっかり冬狐堂にはまってしまったわけで。

読む前からわくわくと。
北森氏は一言で言うなら「うまい」だと思う。カナリヤも。「美味い」「巧い」とにかく何でもいいから、素直に「うまいなー」とため息をつく。ミステリなしでも充分俺は楽しめるよ。表現が鮮やかだと思う。

で、冬狐堂。今回も事件にモテモテで、女性としてリコにまけないぐらいかっこいい。表題作がやっぱり好き。それにしても彼があんなことになってしまうなんて。ああああ。

本日の評価 ★★★
├北森鴻トラックバック(0)  コメント(0) 
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。