--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 
2006'01.24.Tue

「恋までが遠すぎる」夏樹碧

恋までが遠すぎる

積読本消化期間。
というわけではないですが。

とりわけ某テニス漫画にはまったときに(現在進行形)、勢いで買ったと思われ。それよりもミュはどこで買ったらいいんですか!

落ち着け>自分

そんなわけでテニス小説なんて初めてと言えば、初めて。
ウィンブルトンより前に購入。

言ってしまえば、BLなんですが、実もふたもない、た、たまには…。今の煌びやかなBLとはちょっと違うし…。

なんというか、立場的には不利だけど、好きなように生きて、自然と人が集まって、きらきら輝いている少年と環境も才能も恵まれているけど友情や愛情に飢えてても突っ張っているきれい系少年?

が、え?何?襲い受!!?

それにしてもストーリー展開甘っ。
ちょっ、それはありえないんじゃ…。なんて展開も何のその。
いきなり廃校になって、二人だけ転入とかすごい展開ですが、当事者は別にどうとも思ってません。いや、葛藤もあるわけですが。

まだ序章らしく、ほとんど進んでないです。ほんの少しお互いが見えてきたような、少しだけ触れたような。数ページまたずして、えろに入る今のBLとはちょっと違う感じ。

表で語るBLほど恥ずかしいものはないのでこれっきりにします…。そのうち裏でもつくるか…。

響の誘い受でもなく、襲い受にびっくら ★★
国内トラックバック(0)  コメント(0) 
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。