--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 
2006'01.14.Sat

「あらしのよるに 映画編」

あらしのよるに オリジナルサウンドトラック

まだDVDになってないので、サントラで。
カテゴリもちょっとちゃうけど、あらしのよるに特別編てことで。

やっと見にいけたあらしのよるに。
泣いた笑った感動したというよりも涙腺壊れたかのように泣きっぱなし。普段こんなに泣くことってないのに。

なんというか、もう、あのへたれ狼がメイのために立ち向かっていくんだと思うときゅーんとして、冒頭からたまらなくなりました。

本当私の涙腺おかしい!

多分見る人がみたら、全体的に退屈かもしれない。感動する場面はあるけど、大人がみたら物足りないかもしれない。
だけど、私の中で見る前からずっと絵本の6巻あたりがぐるぐると回っていて、絵本の切なさを思い出して、どうってことないところでもうるうるとしてました。きゅーんとなって胸が締めつけられる。
所々聞こえるちびっ子の笑い声に混じりながらも、はらはら泣いてしまった;;

文字ならではの、行間さえも切なくなる感じが映画みながらも思い出して、盛り上がる場面ではわなわな震えがとまらない怪しい人に成り果ててましたorz

吹雪の中でお腹がなるのが止まらなくて、殴りながら泣いてしまうシーンに胸が熱くて、苦しくて、嗚咽が…。

みている最中もなんでこんなに泣けるのかがわからない。しかもつんときて、泣けるんじゃなくて、滝のようにはらはらと涙が;

多分ね、私消しゴム見たとしてもこんな泣かないと思う。

なんだか全然感想にもなってないですが、むしろ泣きすぎて覚えてない、映画化ていつも心配しますが、これはよかった。メイがちょっとかわいすぎる気もするけど、あのお尻は確かにマリリン・モンロー。ゲイが反応するのもわかる愛の逃避行(みくしーにすごいコミュできてた;
さながらどうぶつ版ロミジュリ。あんな激しく荒々しい友情をちびっ子たちに見せてもいいものなのか!あんな破廉恥な映画を…!(壊

とりあえずあのぬいぐるみがほしかった。

ヘタレガブがすごい好きだ。すごくやさしくて、月を見せたかったというやさしさが…思い出すだけでも泣ける。最後の一緒に月見るシーンは本当によかったねと思えて、余計に泣けてきた。

あの赤毛いいキャラしてるなーと思ったら、山寺さんだったのね。さすが!バリーてばおいしいところもっちゃって!わ、私、メイとガブができてなかったら(!)、バリーとガブてコンビもすごくいいと思うよ!
あの赤毛!バリーもガブがいなくなったら、意外と寂しいと思うよ!

本当ガブはやさしいなと、穏やかな狼なんだなて思う。
メイがガブにほれたわけがすごいわかる。やさしいし、いざというときは仲間にも向かっていく強さ。これはほれるよ!
じゃメイはどこがいいのかなて考えたら、ドジでそそっかしくて、能天気;いやいやいや、多分メイのよさは無邪気なんだな。無条件で信用するんだなと。

最後に聞いたもしあらしのよるにわたしがヤギだとわかっていたら、食べていましたか?という質問に対して、正直に答えたガブが泣けた。それぐらい距離が離れていたふたりが今は一緒にいられることが幸せなんだと思うと、うれしくて切なくて。
思い出すだけでも泣ける。

やっぱり感想になってないけど激しく泣いたよ! ★★★★★
├きむらゆういちトラックバック(0)  コメント(0) 
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。