--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 
2004'11.23.Tue

「桜宵」北森鴻



花を読んだときほどの衝撃はなかったけど、やっぱり北森氏大好きだと実感した。

全体として確かに強引な面もあるかもしれない。
だが、しかし、工藤さんが!カナリヤが!大好きなんだって!!

読むとうまいものが食べたくなる。それほど工藤さんの作る料理は魅力的。こんな夫がいいよ。文句なしだよ。カナリヤものは読むと胸があたたかくなる。たまに切ないシーンもあるけど、それを含めて心があたたかくなる。

そしてできることなら、私も常連になりたい。カウンターに座って、今日は何がおいしいですか?と聞きたい!アルコールはてんでダメだから、一番度数の低いビールと工藤さんの手料理に舌鼓を打ちつつ、常連さんたちの話に耳を傾けたい!そして誰もいなくなったら、ひっそりと工藤さんに相談に乗ってもらいたい!例え相談らしい相談がなくても!ぽつりぽつりと話をしてみたい!きっと工藤さんの前なら素直にいろんなこと言えるんじゃないかなて思う!

どこかにこんなビアバー存在しないんだろうか……(切望
むしろうまい料理が食べたい。

本日の評価 ★★★
├北森鴻トラックバック(0)  コメント(0) 
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。