--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 
2006'01.06.Fri

「木製の王子」麻耶雄嵩

木製の王子

久しぶりに探し出してきたので、どこまで読んだのかさっぱりだったり。

すごい長いのは読んだ記憶があるけど、登場人物さえも怪しい。結婚することになって終わったんだっけ??

(調べ中)

ソナタは読んだ記憶がある。トラウマになりそうな、ある意味トラウマになって、それ以来そのシリーズから遠のいていたけど。痾は読んでない。なぜか一番近くにあったので、先にこれ読んだらやっぱり話がつながってました。その間の巻に何があったのか、さっぱりわからないorz

やっぱりちゃんと順番通り読むべき。が、多分手元にないと思われ;

ともあれ、麻耶氏といえば神様ゲームでも危うくトラウマになりかけ、あれ、子ども時代に読んだら絶対トラウマになるよ、な後味の悪さに苦虫を踏み潰す。

それはそれとして、メインはがっつりとアリバイもの。家の地図といい、タイムボードといい、手のこみよう。が、途中であきらめました。ごちゃごちゃしすぎて、誰と誰がすれ違ったとかさっぱり理解できそうにない私の頭。それ以前に大きな問題は家族の名前が似すぎて、誰が誰だかわからないんですけd!!

そんなわけでだらだら読んで、だらだらと真相を知ったからというわけではないけど、そこまで衝撃がなかったといえばそれまで。最後までミステリというわけでもなく、驚きの真相みたいな。神様ゲームのほうが熱かった。

メル様に期待! ★★
├麻耶雄嵩トラックバック(0)  コメント(0) 
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。