--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 
2005'12.21.Wed

「猟奇の夏」宝生茜

オンライン書店ビーケーワン:猟奇の夏

先になかなか進めなくて、ラスト読んでるころには冒頭をすっかり忘れてました。

あー、そういえばそういうこともあったなー、みたいに。

猟奇的な殺人と美人探偵に犬な助手とくれば、それは萌えないはずがないと勢い込んで読んでみたものの。

ちょっ。それはないんじゃ。

あまりにも説明だったり、いやいや、いくらなんでもそんなことはしない、もしくは言わないって、男の人が書いた女の人というのががしがしと伝わってきました。

で、結局どうやったの!と肩すかし気味。
意外な犯人はわかるとしても、手口は…。具体的なあれこれはなしですかorz

なんだか煮え切らない話だった。

もったいなくて読みましたが。別名義はどうなんだろ。

ミステリではない 
├宝生茜トラックバック(0)  コメント(0) 
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。