--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 
2005'11.18.Fri

「メビウスレター」北森鴻

メビウス・レター

今はもうどこにもいないキミへ

早く寝ようと思ったのに、全部読み終わってしまたorz
北森マジック!
おかげで頭が全開に痛いです(自業自得
さしぶりにイッキ読みしましたよ。
そしてそれは本当に見事に作者の手中にはまる。

だ ま さ れ た !

レオナルドのときもそうだったよ。もうだまされないと思いつつ、読んでもするりとだまされるものだね…。いつもの緻密さにはかけるけど、ぐいぐいと引っ張られる感じ。後半に向けて勢いが増すとかじゃなくて、最初から強い力でぐいぐいと。うわーおもしろい!そして気になる。ぼくからの手紙・過去と現在がうまいぐらいに混ざり合って、どう関係していくのか気になるとこ。それでいて、過去何が起きたのか、ぼくは誰なのか、阿坂は誰だったのか、そして現在誰が事件を起こしているのかとまー、わからないことがいくつかあって、考えながら読んでました。

寝ようにも気になって眠れないじゃないか!

そしてラストに近づくになり、少しずつ明らかになる事実。その一文を何度も読み返してしまったのは頭が弱いからじゃないと言い張りたい。それぐらい衝撃。そこから次へ推理できないのは多分頭が弱いからです…。ま、そんなことはよくって。

ぼくにやられた。しかもキミが男子生徒だということに萌えてしまい、このキミもいい男すぎる!うわーうわーとなっていたわけです。その後は読んでくれ。阿坂さんもわりかし美形だったりするから、うわーうわー野坂の行動にもうわーうわーとなってしまいましたが、あー、あとは読んでくれ。

なんだかもうそれ以上かけない。でもだまされる爽快感ていいね!そ、そんなことが!!みたいに衝撃の事実とかも好き。ところどころに張られた伏線がうまく生きていて、さすが。やっぱり北森氏好きだなー。問題は少年や青年がほとんどいなくて、きれいなかっこいいお姉さん率が異様に高いことです。い、いやきれいなお姉さんも好きですよ?

でもやっぱり少年が好きです ★★★★
├北森鴻トラックバック(0)  コメント(0) 
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。