--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 
2005'11.08.Tue

「共犯マジック」北森鴻

共犯マジック

北森ブームなのですが、これはちょっとくどいかも。

氏といえば、インパクトがあるわけでもすごいトリックがあるわけでもなく、作品によっては違うかもしれないけど、小さな小道具や言い回しや思いやりが重なり合って、じわじわとしみてくる。

連作ミステリ。とある本をめぐって、それぞれ事件が起こって、それがつながってくというような。時代がちょっと前で、そいえばこんな事件あったなーと思い出したり。ただ連作ミステリのせいか、この偶然の多さには…、ある本を、人たちをめぐるからそれも連作ミステリとして仕方がないというか。

最後はさすがにきれいに事件自体はまとまってましたが、ちょろりと出てきた人たちのその後が気になる。

師匠に萌えました。師匠死んだあともかっこいい。

フォーチュンブック……(怖っ ★★★
├北森鴻トラックバック(0)  コメント(0) 
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。