--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 
2005'10.09.Sun

「私が語りはじめた彼は」三浦しをん

私が語りはじめた彼は

「村川くんはいいやつだよ」

いつかお昼のワイドショーでかなり詳しくやってました。最初の三崎さんの章。だから結構ミステリなのかなて、先生は出てこないけど、先生のまわりを描くことによって最後に壮大な謎が明らかになるという感じのものだと思ってたんですが。

うわー。この言い回し方ちょっと苦手かもと思ったりもしたのですが、氏の書く男同士の関係(!?)がなんとも言えず好き。先生と三崎さんなんて、すごくアレなんですが、少年スキーとしては椿くんと呼人の章が非常に悶えました。う、うん。たまんない。椿くん、あれは殺し文句だ……!あれだけで満足ですよ……。

言い回しは人によって、しつこかったり美しかったり崇高だったり。割と私は苦手。あまり本読まない女性がすきそうな感じ。

予言が好きです ★★★
├三浦しをんトラックバック(0)  コメント(0) 
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。