--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 
2005'09.23.Fri

「東京S黄尾探偵団―Kの処刑場」響野夏菜

東京S黄尾探偵団―Kの処刑場

久しぶりに読んだ本がこれでした。古いですが。しかもラノベ。
会話文が多いのは相変わらず苦痛だけど、そんなに気にならなかった。ミステリ仕立て。のせいで頭コーンカラマリ。コーンカラマリにはちょっと思い出が。大尉との思い出が。

大人ペアが好きです。そのうち付き合わないかと目論んでます(!
五月六月があまり目立ってなかったようですが、彼らも好きですよ?ちょっと大人ペアが素敵だから霞んで見えるのです。

事件にしても意外にあっさり終わってしまった……。

メイと書いてあると自分かと思うときがある。それも別世界で生きるものの宿命。

カザムのK(! ★★★
├響野夏菜トラックバック(0)  コメント(0) 
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。