--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 
2005'08.06.Sat

「ぼくらのミステリークラブ」さとうまきこ

ぼくらのミステリークラブ

五巻。とうとうこのシリーズもこれで完結。
前回のモロの話の続きでもあるけど、一巻のあの子が主人公。

あーもーモロかわいい。そしてお調子者のれおんがかわいいといったら!本当最初はテツもいやなやつなんだけど、みんなと仲良くなっていって、いい子になったり、モロがずいぶんフランクになったり。れおんが癒しです。

モロが最後に記憶を取り戻して、あいつに会いに行くと言ったときには泣きそうでした。 早く!早くあいつに会ってくれ!モロと会ったらたぶんすごく喜ぶんだろうなと。そこまではかかれてないから想像するしかないだけど、もちろん妄想でカバーですよ!

最後までやっと読めたけど、児童書なんだけど、お決まりの説教も青春みたいなのもなくて、だけどモロがかわいくて、よかった。

モロとれおんのかけあいが……!! ★★★★
├さとうまきこトラックバック(0)  コメント(0) 
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。