--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 
2005'07.30.Sat

「狐闇」北森鴻

狐闇

おなじみの冬狐堂こと旗師・陶子さんの話。「狐罠」の続き。先に短編のほう読んでたから、いつの間に鑑札とりあげになったのかなーと思っていました。

なんていうか、やっぱり北森氏はうまい。丁寧というより緻密。丁寧というのは意図して書いてるという印象を受けるが、緻密てのは自然に書かれてるみたいな。とにかくうまい。

にしても今回は冬狐堂はもとより蓮丈那智先生に工藤さんに、「孔雀狂想曲」は読んだことないけど、あの人までも!上手にリンクしてあって、なんだかお得気分。あー工藤さんの手料理食べたい。

陶子さんもだけど、なんといっても硝子さんもかっこいい。那智先生も!かっこいい女の人いっぱいだ……。硝子さんとの掛け合いも好きです。このふたりちょっとゆりっぽいけど、あーうん、これが男同士だったら最高に萌えるだろうが、それはそれ、ふたりはふたりで。

税所コレクション! ★★★★
├北森鴻トラックバック(0)  コメント(0) 
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。