--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 
2005'07.28.Thu

「宝島」スティーヴンスン

宝島

死人の箱には十五人
ラム酒をひとびん、ヨーホーホー


名作ものー。
急に児童書読みたくなって。飛ぶ教室は読んだけど、あれは最高に萌えたね、他にもいっぱいあるー。K文教材のすいせん図書にもなってて、気になってました。クラバートや十五少年漂流記とかもいつかは読みたい。

なんで古典ものなのに、こんなにおもしろいんだろう!もうね、先生かっこよすぎる。ほれるよ?少年ジムもかわいくて、やることが子どもっぽいんだけど、でもしっかりした子で、大変な状況だったりするのに、そんなことも忘れて少年らしく目の前のことに興味津々だったり。

ミステリの古典ものもいつかは全部読みたい。途中で挫折してる場合じゃないよ。夏までに、むしろシティまでにミラを読み終わりたいのだが……。

それにしてもジキルハイド書いた人なんだ!知らなかった!

ホーキンズ船長! ★★★★
翻訳トラックバック(0)  コメント(0) 
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。