--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 
2005'07.26.Tue

「あなたがいない島」石崎幸二

あなたがいない島―本格のびっくり箱

二冊目ー。
このミステリスキーのリーマン・石崎と女子高生コンビのミリアとユリがやっぱり楽しい。キャラのつくりがうまいなー。始めのほうの化学や確立の問題のとこはややしまりがない気もするけど、ワラタ。

前に比べて、石崎が強くなったというか、自分の世界に入り込むのが激しくなったというか、やっぱりミリア・ユリコンビといっしょにいると強くなるんだね。かわいそうに。まー、それに負けないぐらい石崎も濃いんだけど。

無人島にひとつだけもっていけるというルールもイイ。それをうまく使って、ミステリにするとは。

K談社ノベルズに京極堂の台詞といい、今回もサービスいっぱい。本当にまにましてしまう。あの台詞にも笑ったよ。いやーいい。というわけで、も一冊読みます。

それにしても石崎に親近感を感じる…… ★★★★
├石崎幸二トラックバック(0)  コメント(0) 
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。