--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 
2005'07.12.Tue

「MAZE」恩田陸

MAZE(めいず)

「人間消失には法則がある。その法則を、あんたはここで探し出すのよ」

ミステリなのか、ホラーなのか((((( ;゚д゚)))
とにかく怖いよ……。

そうだ!恩田陸を読もう!プロジェクト実行中。

理論的解決がなされているのがミステリ、なされてないのが(別の方法での理由付け解決はある)ホラー。と思ってます。何も考えずに読み始めるので、ホラーかな?ミステリかな?と思いながら。あとのほうになってやっぱりホラーだ!と思った矢先に、しゃべり始める満。おおおお。
ま、どっちにしろおもしろければいいんだ。

恩田氏の怖さは他の怖さとちょっと違う。じわりじわりとやってきて、緊張の中になぜか冷静な部分があって、という不思議な怖さ。単に怖いだけじゃなくて、怖いにもかかわらずみんながのほほんとしてるから余計に緊張する。

デジタル化が進むとアナログ化になって、その後精神的な世界になる。というのはちょっとおもしろかった。なるほど。

豆腐! ★★★
├恩田陸トラックバック(3)  コメント(0) 
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

ホラー体験……

東京フィルムセンタースクールオブアーツ専門学校のプレミアアワードに行って来ました!400人の才能がぶつかりあうこのアワードは、見ごたえ充分! ショートフィルムが何十本と続くのですが、メッセージは純粋で明解で、作品のクオリティも高く、長時間にも関わらず全く飽き

2005/07/13(水)  17:13:51 | デザイン・フェスタ ブログ

表紙と文庫本の話

 新潮文庫の「砂の女」(阿部公房)がいつの間にか表紙が新しくなっていて、ガーン・・・。阿部公房のあの不気味さと死の香りが好きなのですが、いかんせん表紙が苦手なのです。趣味に合わないというかなんと言うか。もしや、これから阿部公房シリーズは表紙を一新するのだ

2005/08/14(日)  22:12:29 | TheSkyBeans

(書評)MAZE

著者:恩田陸 アジアの西の果てにある山の中の荒野。切り立った白い構造物。何人もの

2005/09/16(金)  16:29:43 | たこの感想文

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。