--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 
2005'07.06.Wed

「ふたりはいっしょ」アーノルド・ローベル

ふたりはいっしょ

「ぼくの よていひょうではね、ぼくたちが おさんぽ するように なってるよ。」
「いいとも」と、かえるくんは いいました。
「いつでも いくよ」


両生類のふたり。このふたりが愛しくてたまらない。

とある絵本を探しているとき、いや、11匹のねことあほうどりの本なんだけど、いきなり読みたくなって家ん中探してたら出てきたかえるたち。いやいや、きみたちを見つけたかったわけでは……と思ったものの、もう一度読みたくなって出しておいてみた。なんでい、結局コロッケばっかりの本は見つからず。読みたかったのに。どこいってしまったんだろ。

教科書で読んだ記憶も懐かしいかえるくんとがまくん。でも実はこの絵本廃品回収でこっそりと持ち帰ったものだったり。子どものものだったのか、最後の白紙のページに落書きが。

なんでこのふたりはこんなに愛しいんだろうというぐらいかわいい両生類。基本的にがまくんがあほな子。でもそこがかわいい。そんながまくんにいつも付き合ってるかえるくん。でもそこは愛ゆえ。いっしょにいるのがうれしいんです。本当かわいいなー。

英語は苦手だけど、英語のほうでも読んでみたい。
初めて自分からTBしてみた。わお。

おねんね!(そこが最高にかわいい ★★★★★
国内トラックバック(0)  コメント(1) 
Next |  Back

robin

こんにちは、robinです。
この間はコメント&トラックバックして頂きありがとうございました。
ところで響さんもかえるくんを読まれてたのですね。
表ではほのぼの~とかいてましたが、じつは私も「愛だね、愛」と
萌えていました。(^^)
ところで、これから妖変黙示録をおよみになるとか。
妖変もかなり濃ゆ~いので、頑張ってくださいね!
それでは、失礼いたします。

2005/07/10(日) 11:45 | URL | [編集]

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。