--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 
2005'07.02.Sat

「絶叫城殺人事件」有栖川有栖

絶叫城殺人事件

「拙者が推理作家と知っての狼藉か?」

どこかで読んだ気が。
マンガで読んだんだっけと思って、調べてみたら、大密室のアンソロに壺中庵入ってた。
短編集。

久しぶりにアリス読んだら、あまりにもツボすぎて、先生とアリスの会話が、悲鳴を上げてベッドの上でのた打ち回ってしまいました。あれ?アリスってこんなにおもしろかったっけ。それぐらいの勢いで転げまわってしまった。

ミステリはもちろんのこと、先生との会話やアリスの言動に一喜一憂しすぎるというか、むしろ喜びすぎでした。ふたりともこんなに仲よかったっけ?引っ付きすぎだろ。

普通に有栖川氏がおもしろい。楽しい。うまい。一番笑ったのはやっぱりあの台詞。ミステリでも遊び心いっぱいだけど、そこまでやってくれるとは!なんて素敵な人なんだろ。細かいところの会話がうまい。そして楽しい。もう、おまえらできてるだろう!

アリスは赤川以外に初めて手に取ったミステリなんで、つき合いが長いのです。その分懐かしさもあるし、なじみやすいし、うん、大好き。本当たまんないよ。モロッコ水晶読みたい。マレー鉄道の文庫版がほしい。

ナイト・プローラー! ★★★★★
├有栖川有栖トラックバック(0)  コメント(2) 
Next |  Back

robin

こんばんはです。おお!響さんはアリスもお読みになってたのですね(^^)
私もアリスシリーズ(作家有栖版ですが)は全部読んでます。
いいですよね~vvv火村先生とアリスの夫婦漫才は(笑)
萌えな台詞のオンパレードばっかりでvvv(特に、火村の『いい子だ、自分で気がついて』の台詞には響さんと同様にのた打ち回ってました…)
じつは私は二回ほど有栖川さんのサイン会に行った事があるのですが、「マレー鉄道」のサイン会の時、有栖川さんがつくった「火村先生の名刺」と「アリスの名刺」がおまけについてきたのです(^^)
またの機会にブログにアップするつもりなので、よろしければまたお越しください。お待ちしております。
それから、次の国名シリーズは多分「インド倶楽部の謎」だと思われます
それでは、さようなら~

2005/07/02(土) 21:10 | URL | [編集]

こ、こんばんは!robinさん!

はい!大好物ですよアリス!!ものすごい好物です!がしがし食べます!(違
昔から好きで、初めて読んだ本格派がアリスだったもので余計に思い入れが強いです!そしてふたりの会話にびっくりしてしまいました!ラブ過ぎる……!
なんでこんなにいつも一緒に行動しているのか、本当仲良すぎです。でも先生もアリスも本当かわいくて、言動にきゅんきゅんしてしまいます。それでもマレーの暗い先生を思うアリスにじーんときたり、サムライイングリッシュににやにやしたりと、 大 好 き で す !

サイン会!!名刺!!
うらやましい限りです!有栖川氏もすごく素敵な人だなって思います。遊び心たっぷりの。うわわわ。名刺楽しみにしてます!うわー、うわー。火村先生の名刺!!アリスの名刺!!!!名・刺!!!(萌

次はインドなんですね。その前にモロッコを読まねば……!インド倶楽部。どんな倶楽部なんだろ。
ではではー!

2005/07/03(日) 14:39 | URL | [編集]

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。