--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 
2005'07.01.Fri

「鬼神伝 鬼の巻」高田崇史

鬼神伝 鬼の巻

ミステリよりもラノベぽかった。和風ファンタジー??

主人公が中学生というのもミステリランドではめずらしい気もする。最近はラノベよりも児童書スキーな私ですが、がっつりと読んでしまった。

アクションあり、小道具(?)あり、スピード感もあって、話が一気に進んでいく。ちっちゃいオロチが純の肩に乗ったときにはあまりのかわいさに軽くめまいが。最終的にどっちにつくのか、どうなるのか、どきどきしながら一気に最後までかけていった。神の巻もあるから、それはこれからー。

高田氏が歴史スキーなのがすごく伝わってきた。節分については自分でも調べてみたよ!ひな祭りも!そんな風にこどもたちに興味を持ってもらおうとしているのがよくわかる。

それにしても和風ファンタジーはめずらしい。海邪鬼と純の言い合いが最高にかわいかったです。

オロチ! ★★★
├高田崇史トラックバック(0)  コメント(0) 
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。