--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 
2005'06.30.Thu

「黄金蝶ひとり」太田忠司

黄金蝶ひとり

はじめにが一番おもしろかった。

ミステリーランドもの。はじめにのところに謎とかミステリーと書いてあったからすごい期待して読んだらそうでもなかったという話。SF?ミステリ?結局アレはなんだったんだろう。

話の大筋は好き。ひとりで田舎のじいちゃんのところにいくという設定はすごく好き。西の魔女にしかり。じいちゃんにいろいろ教えてもらうとこも好き。だからこそ、アレはいったい……。

テツとの出会いも、意地張りながらも助け合うふたりもかわゆくて、萌えてしまったわけだけど、も、ね、おんぶのとことか最高に萌えたわけですよ……。そのあとびっくりだったけど。うん、慣れてるから。泣かないよ。

オオカバマダラの大陸横断のビデオ見た。授業で見た。本当に飛ぶんだよ。いっぱい飛ぶんだよ。

おじさん三人が好き。暗号もおもしろい!

アサギマダラ! ★★★
├太田忠司トラックバック(0)  コメント(0) 
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。