--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 
2005'06.22.Wed

「死にぞこないの青」乙一

死にぞこないの青
死にぞこないの青


デビュー作よりも断然怖かったアオ。

まいったね。本当。背筋からぞわぞわきたよ。

この前から体調が最高に悪くて、自律神経失調症で、動悸と不整脈で眠れずに苦しんでて、でもTV嫌いだし、それ以前にTV終わった時間だし、することないし、PC向かう元気もゲムする元気もなく、ぐったりで、でも寝れなくてひとりでのた打ち回っているときに読んだ一冊。時間て思ってる以上になかなか経たない。

そんなときに、深夜に読んだから余計に怖くて、胸が痛いのは読んでる本が悪いのか、それとも動悸のせいかわかんなくなりそうだった。怖っ(((( ;゚д゚)))

単なる怖さじゃない。やさしさや冷静さを失っていない怖さ。本当孤独をかくのがうまい。何も知らずに読み始めるとビクビクするよ。

で、最後まで普通で終わらせてくれないのが乙氏(?
なんていうかね、こういう本を道徳に使ってほしい。キノでも思ったけど、さわやか三組ーとかだけじゃなくて、こうゆうのも使ってほしい。あ、うん。シールとかマリオとか、すごく懐かしかった。近所のお姉さんがマリオやってたのを横で見ていた記憶が。わりと年齢が近いし。閑話休題。

とにかくいろんな立場に立って考えれると思う。ぼくだったりアオだったり先生だったりミチオだったり、クラスメイトだったり。いろいろな意見だって出るだろうし、同じような思いをした人もいるだろうし、だけどそのなかで正解なんてきっとないだろうと思う。最後なぜ、マサオはああゆう行動をとったのか、その後どうなるのか、アオはどうなるのか、といろいろ私でも考えてしまう。深いなー。

先生を慕うマサオくんがかわいかったです。

マサオくんとアオ ★★★★
├乙一トラックバック(0)  コメント(0) 
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。