--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 
2005'06.16.Thu

「魔女の死んだ家」篠田真由美

魔女の死んだ家

読んだ順と感想書いてる順が違うけど、気にはせず。

続いてこれもミステリーランド。

いやはや、まさかこの手法を児童書でやられるとは!他の作品に比べて完成度が高い。劣る劣らないというわけではなく。他の作品とはがらりと雰囲気も構成も違う。やっぱり篠田氏、こうゆう雰囲気すごくうまいなと。建築探偵も大好きだけど。

読んで思い出すのが「この闇と光」まさしくそれだ。あそこで騙されたとも気づかず、この人だれ?とか思ってしまった自分が恥ずかしいです。でも十分騙されて楽しかったです。そうゆう悔しさは楽しい。

結局なぞはなぞのままという感じの部分もあったけど、あ、あ、あの人はもしかして、あの人ですか!?

挿絵も他の作品とまた違う感じで。全体的に大人っぽい。でも女の子好きそう。それにしてもまったくああやられるとは……(まだ言う

蓮の庭とかすごいきれいだった。見てみたいなー。

おかあさま ★★★★
├篠田真由美トラックバック(0)  コメント(0) 
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。