--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 
2005'06.15.Wed

「くらのかみ」小野不由美

くらのかみ

ラノベも楽しいけど、児童書もミステリも捨てがたい。文がきれいな、もしくは読みやすい本が読みたくなってきた今宵ミステリランドを。

イッキ読みーで。ミステリーランドは子ども一、二人がメインだったりするけど、これは多い。六人とも。この雰囲気がとても好き。夏休み、田舎の古い大きなお屋敷に親戚が集まって、というわくわく感と、古い大きなお屋敷や引き込まれる沼といったおどろおどろしい雰囲気がまたたまんない。

しかも事件が起こっているのに、大人たちはそれを事故として片づけようとして、自分たちが狙われていることにも気がつかないのに、それを子どもたちが自分たちの親を守るために探偵をし始める。あさの作品でも思うけど、こどもってすごい!子どもの威力にはびっくりさせられる。

最後はやっぱり小野だ!的な部分もあったけど、ミステリなはずなのに!子どもの威力について書いてあったり。一番最後はどうなったのかまで書いてほしかったけど、それも素敵な終わり方かもしれない……。

子どもたちがかわいくて、力強くて、びっくりさせられます。
確かに夏休みの読書にいいかも。小学生から高校生とかの読書感想文にでも。それでなくても十分に楽しめる。そしてこのドキドキ感がたまらなくイイ。

三郎にいさんがすき ★★★★
├小野不由美トラックバック(0)  コメント(0) 
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。