--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 
2005'04.20.Wed

「華迷宮 桜屋敷の殺人」神谷悠

華迷宮―京&一平シリーズ1 桜屋敷の殺人
華迷宮―京&一平シリーズ1 桜屋敷の殺人


「おまえが悪いんじゃないよ」

いわずと知れた迷宮シリーズ。

高校生のときに友人に教えてもらったシリーズ。もう一回読みたくて集めはじめたのも、その友人と一年振りぐらいの電話で、
友人「迷宮シリーズって覚えてる? それのアキラっていたでしょ? 高校生の」
俺「あーうん。あのちぃっちゃいのでしょ」
友人「それが結城とつき合うことになったんだって!! もう信じられない!花ゆめだよ!」

なんですと!

友人の歓喜した声に俺のテンションも軽く上がる。
京・一平とは別にサイドストーリーとして、迷宮で知られていたあのコンビがとうとう付き合うことに!?
結城よ、よくやった!拍手するよ。よくアキラを落とした。

とまー、こんないきさつあって、久しぶりに迷宮シリーズを読みたくなったわけです。途中までしか読んでなかったし。
それ以前に一年振りの電話がそれってどうなのよ。

アキラ・結城コンビも大好きだけど、でもやっぱり大好きな京ちゃん。無愛想、わがまま、人嫌い、天才、美形の探偵とくればほっておけるか!この世の探偵で一番好きとまで、思ったがやっぱり一番はシャルルにささげたい。一位を脅かすぐらい好きな探偵。それでいて山田君には馴染んでるんだから、もう、この子は!先のK先輩のことは考えまい。

他の巻でももっと激しいこと言ってます。しかも文庫化してるのね。

とにかく京ちゃんにドキドキ ★★★
コミックストラックバック(0)  コメント(0) 
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。