--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 
2004'11.21.Sun

「聖母の深き淵」柴田よしき



買ってないと思ったけど、積読本のなかから出てきたよリコ第二弾。

相変わらずモテモテのリコ。例え子供が生まれようが、移動になろうが、リコには関係ない!そしてここにきて、き、き、きききき、きたーーーーーーー!!
ついに登場だ!麻生に山内!
これのために読んできたといっても過言ではない!
きた!きた!きーたーよー!!
麻生×山内!きたーーー!!
この二人だ!!

出た瞬間思わず叫んでしまった。
でる度にどきどきとしつつ、しかし既にことは終わってる状態から登場ですか。気になる。すごく過去が気になる。
そしてバーでリコに絡む山内がとんでもなくちゃーみんぐ(!?)なこと!かわゆいなんて言葉、30後半の男に使うべきじゃないだろうが、しかも若頭。仕草が、言動が、か、かわゆいじゃないか!その後のリコに対する仕打ちもさすが若頭。しかも麻生さんすでに山内にめろんめろん。う、うわ。て、照れるぐらいべたぼれじゃないか!リコとの会話をこっちまで照れながらドキドキして読んだよ。すっごいあ、愛が伝わってくる。

最後のシーンが見事に鮮やか。
山内が打たれそうになる前のふたりの世界!あ、あそこだけ色が違うから。世界が違うから。
びっくりするぐらい麻生さんがやさしくて、頬に触れるだけなのに、そこはかとなく伝わってくる二人の世界に心拍数が無駄に上がる上がる。山内もまんざらでもなさそうに心配してる様子。わわ。続きが気になってしょうがないじゃないか。最後のバーのシーンもまたリコがやってくれたよ。リコにいじらめられる山内が、も!(萌
あんな30代後半いてたまるか!な勢いでかわいい!麻生さんが落ちてしまうのはわかるよ。続き!続き!

本日の評価 ★★★
├柴田よしきトラックバック(0)  コメント(0) 
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。