--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 
2005'03.26.Sat

「妖怪アパートの幽雅な日常①②」香月日輪

妖怪アパートの幽雅な日常〈1〉  妖怪アパートの幽雅な日常〈2〉

「俺がパパで、お前がママな」

噂のアレ。

かつくらや巷であれな噂をされてた妖怪アパート。ようやく読めた。いろんなところで絶賛されてたので、ちょっと肩透かしをくらった感もあるけど、あっさりさっぱりとイッキ読み。

ほもなアレと聞いてたので、最初から誰と誰だと目を光らせて読みましたとも!二巻がとくにということだったので、本当一巻は出番ないのね長谷くん。まー二巻でこうくるかと驚き萌えまくり。

やってくれたぜ長谷くんよ。愛しかったときた!愛しいて!彼は本当夕士のことが好きなんだね。

アパート住民のみなさんもかわりものばかりで、どきどきした。とりわけ、骨董屋さんと龍さんの会話が気になった……。

「人魚のような髪だね」
 骨董屋は龍さんの髪を一房手にとるとそこへ口付けをした。


え!?

笑いあり涙あり! ★★★★
├香月日輪トラックバック(0)  コメント(0) 
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。