--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 
2004'11.21.Sun

「黒祠の島」小野不由美



さしぶりに読んだ小野氏。

初の本格推理、らしい。こう、危険にさらされるようなハラハラドキドキ感も怒涛の推理披露もないけれど、気になって仕方がないストーリー展開。式部が行き詰るたびにそわそわした。最後のアレは屍鬼ですか!アンフェアすぎるんじゃ。と、それはいいが、とにあえず伊東くんに激しく萌えた。ほんの一瞬しかでないけど、萌え。彼は攻めだといい。式部を攻めたらいい。式部はつれなくていい。燃えに萌えた。
にしても書きたくて、書けずに放置プレイしすぎた……。

本日の評価 ★★★


├小野不由美トラックバック(0)  コメント(0) 
Next | 

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

Next |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。