--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 
2007'09.29.Sat

「地に埋もれて」あさのあつこ




ああ、私は土の中にいる。

地面の中に埋もれていたところを少年に引き起こされた優枝。
不思議な少年と一度死に掛けた優枝との話。
生と死をあわふやな、本当かうそかがわからない数日。

幻想的な雰囲気から始まって、不思議な少年との会話。どこか淡々とした優枝には冷たさも感じますが、それが彼女の魅力でもあると思います。少年白兎は前作の透明なにも出てるんですね。知らなかった。白兎はハクトからとったんじゃないかと思ったり。岡山だし。

最後まで不思議な幻想的な雰囲気は続きます。生きることがテーマらしい。

二人藤初めて知った ★★★
スポンサーサイト
├あさのあつこトラックバック(0)  コメント(0) 
2007'09.29.Sat

「所轄刑事・麻生龍太郎」柴田よしき



あの龍さんがまだ所轄に勤めていたころの話。短編集。WEBサイトで公開していて読みたかったことを覚えてます。黒夜を読んだ直後ぐらいにケイタイで読めることに気づいて。

もうね、龍さんは刑事になればよかったんじゃないかって思わせる話ばかりで、切なくなります。話自体はそんな暗いような話でもなく、ちょっとしたミステリばかりで、昔も龍さんらしさってのはちゃんとあって、逆になごんだりもするんですが、その先のことを考えると切なくなる。及川さんとの関係も険悪ではなく、むしろ悪友のような関係だったり。龍さんはほんとみんなに愛されてるなって実感しました。決してあの人が悪いってわけじゃなくて、仕方ないっていってしまうには事件が大きすぎるけど、あれはあれで龍さんが選んだわけでどうこう言うわけにはいかないってことです。

和んだ( ̄ー ̄) ★★★★
├柴田よしきトラックバック(0)  コメント(0) 
2007'09.29.Sat

「晩夏のプレイボール」あさのあつこ



甲子園をめぐる少年少女、大人たちの短編集。
ところどころつながっていたり、つながってなかったり。短編なので人物をつかむまでに終わってしまうこともありました。
バッテリーで有名になったから、あさのあつこ=野球少年みたいなところもありますが、あさのさんが描く少年はとてもきらきらしていて、何かに対してとても純粋だと思います。リアリティはないけど、清々しさがある。女の子とも男の子もみんな純粋に野球が好きというのが伝わってきました。うまくいけないけど、みんなピュアできらきらしてる。もちろん少年たちの友情も見逃せないのがあさの先生^^^^^
短編もいいけど、やっぱり長編が読みたいな。ランニングが好きです。

バッテリーはやっぱりいいね ★★★★
├あさのあつこトラックバック(1)  コメント(0) 
 |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。