--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 
2007'08.19.Sun

「友よ、背をむけるな」生島治郎

友よ、背をむけるな
友よ、背をむけるな


元刑事の私立探偵志田司郎のもとにサンパウロで行方不明になった息子を探して欲しいと老婆が尋ねてくる。司郎は胡散臭く思い、断ろうとしていたが、老婆の依頼が原因で襲われてしまい、引き受けることを決意する。

典型的な一匹狼のハードボイルドです。前に安くなってて、ハードボイルド読みたいなって買ったものです。本自体も昭和五十五年初版!初めて生島先生読んだけど、……(;´∀`)

全然別の方向に進んでると思ったら、わりと真実が近かった。どんでん返しがあるものの、あまり入り込めなかったというか、司郎が屈強でタフな男と言うことはよくわかりました。

前作があったのね、警察やめるまでの話が 
スポンサーサイト
└その他トラックバック(0)  コメント(0) 
2007'08.16.Thu

「涼宮ハルヒの陰謀」谷川流




朝比奈さんが二人いる。

消失でやり残したことの続きからスタート。時は流れ、二月の節分をみんなで盛り上がったその数日後、朝比奈さんが部室の掃除用具入れに現れた!

朝比奈さん(大)から指示は下駄箱の手紙でくるけれど、その指示の目的はわからず、未来の朝比奈さんとキョンはとりあえずその指示通りに動く。一週間後の朝比奈さんは何のために未来から来たのか、キョン君に聞けばわかると朝比奈さんは言うが、キョンにはまったくわからない。
最後のすべてが明らかになるんですが、やっぱり長編はしっかりとストーリーが作られてて、その理由が知りたくてあっという間に読んでしまいました。最後は鮮やかでした。それにしても最近ずっと古泉がのけ者状態(笑

ついでに主人公のハルヒもあまり活躍がなかったけど、みくるちゃんがかわいい一冊でした。消失が長門のための話だとしたら、陰謀はみくるちゃんの話です。未来から来たのに、上司から何も教えてもらえなくて、自分が役に立たないことを悩むみくるちゃんがかわいかったです。
新しく敵(??)のような人たちも出てきて、これからまた一騒ぎありそうな予感。

ハルヒの陰謀はとってもかわいかったです。ちょっと人よりは飛びぬけてるけど、でも閉鎖空間を発生させるほどぶっ飛んではなくて、もう少し普通に近い感じの陰謀ですごくかわいかったです。

つるにゃんもかわいかった ★★★★
├谷川流トラックバック(0)  コメント(0) 
2007'08.05.Sun

「銀河の荒鷲シーフォート 大いなる旅立ち」デイヴィッド・ファインタック

  


宇宙軍軍艦〈ハイバーニア〉は殖民惑星ホープネーションを目指して旅をしていた。しかし二度の不慮の事故で、艦長、宙尉らを失い、先任士官候補生であるシーフォートが指揮をとることになってしまった。先任順位とはいえ、シーフォートは十七歳の士官候補生にしかすぎなかったが、法規に従うしか道は残されていなかった。

海外SF。
近未来宇宙での出来事とはいえ、軍艦であり、船客水兵以外は宇宙軍であり、厳しい軍の規律が生きている。SFというよりも軍事ものを読んでいる気分になりましたが、十七歳のシーフォートは危なっかしいところもあるけど、どんどん船長として成長していって頼もしくなっていき、事件も休む暇なく襲ってきて、あっという間に読んでしまいました。艦長としての孤独を抱えながらも威厳を保っているシーフォートはブリタニアの某少年と重なる部分が大きかったです。

艦長となる前、宙尉のハーヴェイとチェスを楽しんだり〈ここもかぶるw〉して、ニックと呼ばれていたシーフォートがかわいかったり、士官候補生がわいわいやっているのもかわいかったです。先任のくせにほかの人よりも計算が遅かったり間違いが多かったり。ときどきへたれなところを見せてくれて、ときめいてしまいます。この艦長で大丈夫なのかとも思いますが。事件が起こるたびに失敗しつつも学び、精一杯自分の責任、役目を果たそうとするシーフォートがかっこよくて、少しずつ信頼もされるようになり、でもシーフォートは目指すものが大きくて、いつも後悔ばかり。その後悔も、人を失うこともあり、傷つけることもあるのでわかるわけですが。

後編感想。日記から(…)。
熱かった!最後のほうで案の定ボロ泣きしてしまって、機関長とニックの会話がすごくよくて、あの二人好きです。もっというとあの二人の空気というか、艦長と機関長という間柄がすきなのかもしれない。艦長命令を背いたヴァクスのシーンもよかったです。そのあと機関長によって、命に代えても彼はニックを守りたかったんだと聞いて、そういう意味で彼はニックを助けたんだと思いました。艦長命令は絶対なので背いたら絞首刑となる。彼は愛してるんだよとその言葉に、昔はあんなに仲悪かったのに信頼するほどに、命をかけるほどになったんだなと思いました。でもその気持ちに全く気づいていない鈍すぎる艦長(…)。軍医も機関長も仕官も船客も水兵もみんな艦長のこと信頼して、感謝してるのに、ひとり悪いほうへ考えて落ち込むニックがかわいかったです。ちゃんと彼は軍人としての責任をしっかりともってるからだと思いますが。あの年齢で、自分の気持ちや周りからの重圧に押しつぶされそうになりながらもしっかりとやってきてるのはすごいと思います。頑張れニック!山に行ったときのデレクがちょっとかわいそうでした(笑)彼も最初はああなるとは思ってなかったんだろうと思います。最後の最後までヴァクスにはやられ放題で、ニックのことが大好きな彼がすごくかわいくて好きです。やっぱり主従は基本。

〈ダーラ〉とニックの会話も好き ★★★★
翻訳トラックバック(0)  コメント(0) 
2007'08.04.Sat

「プラチナ・ビーズ」五條瑛



 ――知るのが仕事だ。

もっと早く読めばよかった!!

極東ジャーナルに勤めながら、<会社>の上司・エディの指示でHUMINT(人的情報収集活動)を行っている葉山は北について情報を集めていた。一方米軍横須賀基地の海軍調査軍の調査官坂下は行方不明になっているパウロを探していた。

相変わらず説明が下手ですみません。鉱物シリーズ第一弾。知らずに読んでました。内容も知らずに読んでました。途中で北朝鮮や国際スパイや亡命という単語が出てきて、堅いテーマと思ったけど、読み出したらとまりませんでした。いろんなところで名前を見かけるだけはありますね。分厚いし、テーマは堅いけど、話はとても読みやすいです。おすすめ。

と一般的な話はそこまでで、ほんと萌え尽きた…(´Д`)ハァ…
葉山がみんなに愛されすぎてて、びっくりした!世界の不幸を背負い込んでいるような男とかかれてたけど、確かにね!そんなところはある!みんなに愛されてるのに気づかないどころか、脅されてると思っていたり。中身はばりばり日本育ちの日本人なのに、外見が日本人には絶対見えなかったり、血管が透き通るほど白かったり、夏が苦手でマラソンで倒れてしまったことがあったり、でも意地っ張りで倒れたくせに最後まで走ったり、エディに黒人のDJとホテルのブライダルフェアのウェディングドレスの前で待ち合わせをさせられたり、上司のエディが苦手だったり、勢いよく乗り込んで船酔いしたり、どこをとってもすてきすぐる葉山。かわいすぎる葉山。守ってあげたくなるけど、庇護欲をかきたてられるけど、逆にいじめたくてたまらなくなる葉山。親代わりの先生になついてて、すごくかわいい。先生と一緒にいるとほのぼのする。思いっきり甘やかしたいけど、逆にいじめて反応もみたくなるかわいさ。こんなところをエディや坂下はわかってて、いじめたりかわいがったりやさしくしたりするんですね。すごく不幸でかわいそうな境遇なんだけど、気づいてみればまわりからすごく愛されてるわけで、でもそのまわりのみんながちょっとかわったやつらばかりで素直に正面からやさしくしないから、また葉山は一人で不幸を背負い込んでしまったり。バカな子ほどかわいいの心境に近い。でも決して葉山はバカな子ではなくて、どちらかといえば鈍感なだけで。そんな愛しい葉山とまわりの人々を楽しんでたんですが、

後半が怒涛の坂下×葉山でしたΣ(´∀`;)

葉山一人で乗り込むと思ってたら、となりにはなぜか坂下(乗り込む段階で気づけよ!)危険な場面は颯爽と現れる坂下。船酔いを心配する坂下。

なんていうか、真っ向かららぶらぶで愛して甘やかすってのもいいけど、やっぱりいがみ合いながらも互いを信用してたり、利害一致のため手を組むとか、そこから生まれる友情とか、最初は相性最悪とか、そんな王道大好きです!愛情の裏返しみたいな!好きなのか、嫌いなのか、どっちかわからないけど、もしくは両方かもしれないけど、惹かれあう、考えずにはいられない、離れられないとかいうのも大好き。だからバテリもすごく好みだったんだ…今さら…!

特にエロシーンがあるわけでもないのに、すごくエロスが漂ってました。いろいろと妄想してしまいました。

最後の坂下のアレは反則ですよ、反抗期の原因がアレだなんて ★★★★★
├五條瑛トラックバック(0)  コメント(2) 
2007'08.03.Fri

「コードギアス反逆のルルーシュ―STAGE-0-ENTRANCE」岩佐まもる




 そこで、にっこりとルルーシュは笑ってみせた。
「そんな理屈のない君が、僕はわりと好きだ」


ギアス小説版。幼少期メインですが、飛び飛びで現在だったり過去だったり、それぞれの視点だったりと、小説というよりももっと断片的でした。なんにしても最初の現在の二人がクラブハウスの片づけをするシーンがあまりにもかわいくて、かわいくて、まったく先に進めませんでした。読んだときは、え?何これ?どこのどうじんし???みたいな!

今も昔もすごくかわいくて、のた打ち回ってました。小さいころもかわいいけど、ちょっぴり切ない。そしてスザクのトラウマのような過去は何だったのかがわかります。二人を助けるために彼が自ら背負ったものはあまりにも大きすぎる。少しでも幸せになってほしい。24,25話を見たあとで、読み返すと彼の決心はどこにいってしまったんだろうかと疑問にも思うけど、彼にとってユフィという存在はそれだけ大きなもので、救ってくれた人でもあるんだと再確認しました。切ないよ。みんな、少しでもいいから幸せになってほしい。二期が楽しみというよりもそう願うほうが大きいです。

全力で読んだ ★★★★
└その他トラックバック(0)  コメント(0) 
 |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。