--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 
2006'01.29.Sun

「三月は深き紅の淵を」恩田陸

三月は深き紅の淵を

「あたし、あの本を読んだことがあるんです」

メタ?

作中作というよりメタっぽい。

恩田氏の原点というか、多分こんな感じが得意なんだろうな。
がやがや集まって、だらだらお茶会。好きなことをあきることなく、好き勝手話して、討論する。それにミステリや青春が絡んだりするのが常套手段。

この三月が魅力的な本だということはわかる。うわ。なんか語りにくい。話の中に同タイトルの本が出てきて、それがキーになっている。幻の本を探したり、みんなが惹かれたり、それを書く側にまわったり、本を取り巻くいろんなサイドからの話。それが現実と交錯して、二重三重と重なり合って、作中の本とリアル本とつながっていて、四部構成だけど、どれもつながっているのに、軸がずれてる。

とくにもかくも、あれだ。

説明しにくい。

この本に対して、誰もが魅力的だと言うが、なんか私あまり魅力を感じないのですが;
あまりにも登場人物がほめるが、どう見ても作中本≒リアル本という関係式が成り立つ。
としたらどうしても自分の本をほめているようで…。構成でミステリを作りたかったのも、何十にもしかけがあるのもわかる。が、やっぱり本というのは文を読むわけで、第四章はわりとつらい。エッセイとか好きな人や恩田氏を好きな人はいいかもしれないけど、ちょっ、きつ。

そして各章が独立してるから、短編として読めばそれなりにいいかもしれないけど、作風をかえられるとつらい。こうね、壮大なことがやりたかったんだなてのはひしひしと伝わってくる。

作風が違うことも魅力のひとつの作中本。
それを交錯するために作風が違う各章となるリアル本。

そして各章がつながっているのかと思ったら、また重なりそうで重ならない。こ、これ逆にストレスが。

にしても本についてはいっぱい書いてある。本に関する討論がいっぱい。そうゆう意味では楽しめるかも。お腹いっぱいな気もするけど。

このミス入ってたのか。知らなかった。

ワープロはうそをつくて文が印象的 ★★★
スポンサーサイト
├恩田陸トラックバック(1)  コメント(0) 
2006'01.28.Sat

「ダブルダウン勘繰郎」西尾維新

ダブルダウン勘繰郎

「決まってるさ。格好いいからだよ。他に理由はない、格好いいからだ」

維新がJDC書くとこうなるのか。みたいな感じ。

舞城の九十九は未読。土も。
あー、浴びるように本が読みたい。
維新は今のとこりすかと試験のみ。

わりとまともというか、読みやすい。いい意味でも悪い意味でもひねくれてない。こじんまりとおさまっているので、さくりと。

勘繰郎の最後の最後で犯人にとった行動が最高に萌えでした。きゅんときた!あの子があんな風な行動をとるなんて、びっくらというか、見てみたかった…!なんてもったいない!

トリックなんてないけど、あれもトリックだなんて思えないし、騙されたとしても悔しくもない。ただあれは別にあってもなくてもいいんじゃ。探偵、探偵ていっぱい出てくるけど、ミステリじゃないね。エンタメ。
もっと維新ならひねくれてもいいけど、確かに維新導入編ぽい。
このイラスト描いてる人の本はすごくいいですよ。切なくて。少女漫画だけど。

戯言や薬屋文庫みたいに抵抗ある表紙じゃないのもいい。うん。今さらながら薬屋の表紙にびっくらです。薬屋は一巻読んで、文があわんとそれ以後読んでないのですが、そろそろリベンジしたいです。今一番読みたいのは建築探偵だったりするんですが;

むつみちゃんはあの、あれみたい。零式のあの子。

あー、確かに表紙のイラストよくみるとネタバレ。

そのうち戯言も読みたい ★★★
├西尾維新トラックバック(0)  コメント(0) 
2006'01.27.Fri

「月と貴女に花束を」志村一矢

月と貴女に花束を
月と貴女に花束を


古きよきラブコメ。

積読本消化期間、というわけではないと思う。

昔泣けた感動したと感想があったので、買ってみた。

が、 こ れ は … !

へたれで女性に免疫のない男に、急に現れたどじっこでロリな妻。何このどこかで見た図は!いちご???

甘酸っぱいというか、あ、甘っ。

そんな感じなのですが、とりあえず気になった人たち。

静馬兄さん:兄さんイイ!ねがねイイ!もっといじめて!サドっ気たっぷりで弟がいじめられるのを見てるとたまらない。

鷹秋:ひねくれぐあいがとてもかわいい。こう、純粋な子がいるとどきどきするね!

弟:この子もひねくれぐあいがかわいい。そのお年でシスコンなのは問題だけど。

盛り上がりはいいけど、こじんまりとラブコメみたいな。どうにも典型的な図式があるようで、これは男の憧れとかロマンなんだろうか、ちょっと馴染めなかったが、この調子で六巻までいくんだろうか。というか、途中までしか持ってn

こうゆう天然どじっ子を育てるのが夢なんだろうかと考える冬の夜。源氏物語じゃなくて、むしろ筋金入りのひねくれっ子(男)を手なずけるのが(男)おつってものじゃ…。そこはかとなく欲望が見え隠れ。いやいや、女の子でもいいかも。ツンデレぽくて。あまりにもみゆきさんがいい子すぎるから。

多分四巻ぐらいしか持ってない ★★★
└その他トラックバック(0)  コメント(0) 
2006'01.27.Fri

2005年12月の覚書

「少年名探偵 虹北恭助の冒険」はやみねかおる
「猟奇の夏」宝生茜
「これがワタシたちのDVDベストセレクション70」
「メイン・ディッシュ」北森鴻
何してたんだろ…少ない…。
月別一覧トラックバック(0)  コメント(0) 
2006'01.27.Fri

2005年11月の覚書

「メビウスレター」北森鴻
「双月城の惨劇」加賀美雅之
「共犯マジック」北森鴻
「Q&A」恩田陸
「リアル鬼ごっこ」山田悠介
「支那そば館の謎」北森鴻
「レオナルドの沈黙」飛鳥部勝則

そいえば北森にまたはまってた。
月別一覧トラックバック(0)  コメント(0) 
2006'01.27.Fri

2005年10月の覚書

「木曜組曲」恩田陸
「孔雀狂想曲」北森鴻
「幻獣遁走曲―猫丸先輩のアルバイト探偵ノート」倉知淳
「ドッペルゲンガー宮―あかずの『扉』研究会流氷館へ」霧舎巧
「ねこのばば」畠中恵
「怪盗ファントム&ダークネス EX-GR1」藤野恵美
「私が語りはじめた彼は」三浦しをん
「ぼくらのケータイ 3days」さとうまきこ
「神様ゲーム」麻耶雄嵩
「狂乱廿四孝」北森鴻
「袋綴じ事件」石崎幸二
「試験に出ないパズル―千葉千波の事件日記」高田崇史

ケータイは自然にほm
月別一覧トラックバック(0)  コメント(0) 
2006'01.24.Tue

「恋までが遠すぎる」夏樹碧

恋までが遠すぎる

積読本消化期間。
というわけではないですが。

とりわけ某テニス漫画にはまったときに(現在進行形)、勢いで買ったと思われ。それよりもミュはどこで買ったらいいんですか!

落ち着け>自分

そんなわけでテニス小説なんて初めてと言えば、初めて。
ウィンブルトンより前に購入。

言ってしまえば、BLなんですが、実もふたもない、た、たまには…。今の煌びやかなBLとはちょっと違うし…。

なんというか、立場的には不利だけど、好きなように生きて、自然と人が集まって、きらきら輝いている少年と環境も才能も恵まれているけど友情や愛情に飢えてても突っ張っているきれい系少年?

が、え?何?襲い受!!?

それにしてもストーリー展開甘っ。
ちょっ、それはありえないんじゃ…。なんて展開も何のその。
いきなり廃校になって、二人だけ転入とかすごい展開ですが、当事者は別にどうとも思ってません。いや、葛藤もあるわけですが。

まだ序章らしく、ほとんど進んでないです。ほんの少しお互いが見えてきたような、少しだけ触れたような。数ページまたずして、えろに入る今のBLとはちょっと違う感じ。

表で語るBLほど恥ずかしいものはないのでこれっきりにします…。そのうち裏でもつくるか…。

響の誘い受でもなく、襲い受にびっくら ★★
国内トラックバック(0)  コメント(0) 
2006'01.23.Mon

「彼女が死んだ夜」西澤保彦

彼女が死んだ夜

「ボアン先輩だよ。今朝、出発する前に、ちゃんとした格好でいくかどうか、チェックしといてやらなきゃいけないと思ってたのに。すっかり、忘れてた」
「何、古女房みたいなこと言ってんのよ。心配しなくても、ポンちゃん、びしっと黒いスーツで行ったわよ。ワイシャツ、あたしがアイロンかけてあげたし、無精髭も剃らせたわ」


もう、どっちがどっちだか…!!

一冊ものだと思ったらシリーズだった罠。

数P読んだ後、あ!この名前は!とようやく気づいた次第です。
懐かしいタック。というか、わ、若いな!初々しいな!どきどきしちゃうよ!まー、特にそんなことに興奮することもなく、すっと話の中に入っていけて、読みやすかった。

いいな、いいな。
タカチかっこイイ!ナナてあんな感じなのかな。読んだことないけど。

酔いどれなとことか酔わないとあまりにも推理が恐ろしいから話せないとか。半人前ぽくていい。ハコちゃんのわがままには最初から驚きでしたが、なんというか。タカチにはしびれた。タックとボヤン先輩は癒し。ガンタにはほろろとなり。

タックとボアン先輩コンビもなかなかですが、ここは普通にボヤン先輩とタカチもお似合いだと思いました。あのクールで一人で生きてるみたいなタカチがなぜか自分でもわからないまま、ボヤン先輩の面倒をみてしまうとことか、すごくかわいいと思う。解説よんでさらに納得。必読。

フ女子的な萌えはないけど、学生たちがだらだら過ごしているところとか死体を前にあわあわしてるとことか、すごくほわーんとなる。だけどシビアな面もあって、ぐさりと胸をえぐられることもある。

ストーリー上にトリック、謎がひとつじゃなくて、いくつか入っているのも楽しかった。伏線はあるので頑張って解くのもありかと。どうしても最後の犯人の行動が悲しすぎるわけですが。

ちょっと前は変わり者の探偵が多かったけど、わりとこうゆうほわんとした探偵もいいね!ちょっと抜けてて、人のいい感じのへたr
酩酊のあの人とかもこんな雰囲気。

最後まで目が離せないよ ★★★★
├西澤保彦トラックバック(0)  コメント(0) 
2006'01.21.Sat

「塗仏の宴―宴の支度」京極夏彦

文庫版 塗仏の宴―宴の支度

私、始末買ってないよ!
と読んでいる途中に気づいた響です。

久しぶりの京極。途中まで読んで、挫折したのか、放置プレイになっていた京極。文庫なのに重いレンガ本。

前回半分ほど読んだのか、中央あたりにしおりが入ってました。が、途中から読むのもどうかと思うので、最初から重いので寝転がって読みました。最初は一日40Pぐらい読めたらいいや(眠いから;)と思っていたけど、二度目となるとなぜかおもしろい。逆に目がさめる。読み応えもあるけど、純粋におもしろい。分厚いけど、話としてはすっきりとして読みやすいし、ストーリーはそんなに厚くない。熱いが。

次々と知ってる人たちが出てくるのもいい。
えのさんといえば、匣で(だったかな?)猿!と呼びながら乱入してきたのが印象的。あと例の帯が…!早く読みたい。相変わらずえのさんはかっこよかったですよ。

京極といえば高校生のとき、テスト期間にずっと読んでた気が;

このまま最後の衝撃のままいるのは激しく焦らしプレイなので、まあ、アレもアレで納得もできたりするけど、早く始末を買ってきたいです…。

文庫なのに990円orz ★★★★
├京極夏彦トラックバック(0)  コメント(0) 
2006'01.14.Sat

「あらしのよるに 映画編」

あらしのよるに オリジナルサウンドトラック

まだDVDになってないので、サントラで。
カテゴリもちょっとちゃうけど、あらしのよるに特別編てことで。

やっと見にいけたあらしのよるに。
泣いた笑った感動したというよりも涙腺壊れたかのように泣きっぱなし。普段こんなに泣くことってないのに。

なんというか、もう、あのへたれ狼がメイのために立ち向かっていくんだと思うときゅーんとして、冒頭からたまらなくなりました。

本当私の涙腺おかしい!

多分見る人がみたら、全体的に退屈かもしれない。感動する場面はあるけど、大人がみたら物足りないかもしれない。
だけど、私の中で見る前からずっと絵本の6巻あたりがぐるぐると回っていて、絵本の切なさを思い出して、どうってことないところでもうるうるとしてました。きゅーんとなって胸が締めつけられる。
所々聞こえるちびっ子の笑い声に混じりながらも、はらはら泣いてしまった;;

文字ならではの、行間さえも切なくなる感じが映画みながらも思い出して、盛り上がる場面ではわなわな震えがとまらない怪しい人に成り果ててましたorz

吹雪の中でお腹がなるのが止まらなくて、殴りながら泣いてしまうシーンに胸が熱くて、苦しくて、嗚咽が…。

みている最中もなんでこんなに泣けるのかがわからない。しかもつんときて、泣けるんじゃなくて、滝のようにはらはらと涙が;

多分ね、私消しゴム見たとしてもこんな泣かないと思う。

なんだか全然感想にもなってないですが、むしろ泣きすぎて覚えてない、映画化ていつも心配しますが、これはよかった。メイがちょっとかわいすぎる気もするけど、あのお尻は確かにマリリン・モンロー。ゲイが反応するのもわかる愛の逃避行(みくしーにすごいコミュできてた;
さながらどうぶつ版ロミジュリ。あんな激しく荒々しい友情をちびっ子たちに見せてもいいものなのか!あんな破廉恥な映画を…!(壊

とりあえずあのぬいぐるみがほしかった。

ヘタレガブがすごい好きだ。すごくやさしくて、月を見せたかったというやさしさが…思い出すだけでも泣ける。最後の一緒に月見るシーンは本当によかったねと思えて、余計に泣けてきた。

あの赤毛いいキャラしてるなーと思ったら、山寺さんだったのね。さすが!バリーてばおいしいところもっちゃって!わ、私、メイとガブができてなかったら(!)、バリーとガブてコンビもすごくいいと思うよ!
あの赤毛!バリーもガブがいなくなったら、意外と寂しいと思うよ!

本当ガブはやさしいなと、穏やかな狼なんだなて思う。
メイがガブにほれたわけがすごいわかる。やさしいし、いざというときは仲間にも向かっていく強さ。これはほれるよ!
じゃメイはどこがいいのかなて考えたら、ドジでそそっかしくて、能天気;いやいやいや、多分メイのよさは無邪気なんだな。無条件で信用するんだなと。

最後に聞いたもしあらしのよるにわたしがヤギだとわかっていたら、食べていましたか?という質問に対して、正直に答えたガブが泣けた。それぐらい距離が離れていたふたりが今は一緒にいられることが幸せなんだと思うと、うれしくて切なくて。
思い出すだけでも泣ける。

やっぱり感想になってないけど激しく泣いたよ! ★★★★★
├きむらゆういちトラックバック(0)  コメント(0) 
2006'01.09.Mon

「本陣殺人事件」横溝正史

本陣殺人事件
本陣殺人事件


「僕、探偵になろうと思います」

見ましたか、女王蜂!

ぼさぼさの髪、人懐っこい笑顔とくればあの探偵!

き、き、金田一か、かわゆい!!

それが読んだときの最初の感想でした…。
映像は、一番稲垣金田一が似合ってると思うんだけど。

それにしても金田一のかわいさと同じくらい衝撃的だった金田一の過去。す、すさまじい。なんて魅力的な!麻薬中毒者とかあなた人間辞める気ですか?みたいな、そんな激しい背景が!ますます愛しくなりました。

古谷氏は見たことあって、金田一=おっさんのイメージがあったけど、この経歴からいったら結構若いのでは。稲垣氏がちょうどいいぐらい??おじさん萌え!と思っていたけど、少年らしいあどけなさがあって、かわいい。興奮するとどもるのもいい。くしゃくしゃ頭かき回すしぐさもかわいい。

話の進み方がホームズっぽい。

しかしこうさくさく読みやすいのがいい。古典=読みにくいと思いがちだけど、まだまだ乱歩も横溝も普通に読めるのがいい。

黒猫では思わず笑ってしまいました。軽快な金田一にびっくり。

とりあえず横溝と金田一の関係を邪推してみるのがフ女子です ★★★★
├横溝正史トラックバック(0)  コメント(0) 
2006'01.06.Fri

「バッテリーIV 文庫版」あさのあつこ

バッテリー〈4〉

文庫が出た。MANNZAIとセットで購入。

気になる帯。

何?映画化!!

映画化といえば、京極もあらしも福井さえも見えてない私。
ついでにミュ関係も。
何もかもが辺鄙な地方のせい!まー、一番は引きこもりなせいk

誰がたっくんと豪ちゃんを演じるのかが一番気になるところ。たっくんはきれいめな子がいい。若い子がいいけど、小学校卒業したばかりだし、疎いのでそのあたりは妹に選んでもらおう(!!

Ⅳ自体の感想はこちら


今回書き下ろしの感想で。

たくちゃん、三歳(*´д`;)

どっかの同人誌読んでるみたいだorz

題して、たくちゃん、ごうちゃんとの運命の出会い編。
ちぃっちゃいたくちゃんとおばあちゃんなんて、すごいほのぼのとして、暖かくなる。もう、たくちゃんがかわいくて、抱きしめてぎゅっとしたくなりますが、そんなことしたらばしばし叩かれて、あまつさえ唾液のついた剛球が飛んでくること間違いなし。それはそれでまた…。

しかし既に二、三歳で運命の出会いをはたした二人。
どうみてもこれは同人誌としk

これがボールをとられると思って泣くたくちゃんなんだ!とか空ばかり見てるなーとか、本編で語られていたことを身近で感じることのできる話でした。

たくちゃん!本編もいいよ! ★★★★★
├あさのあつこトラックバック(0)  コメント(2) 
2006'01.06.Fri

「木製の王子」麻耶雄嵩

木製の王子

久しぶりに探し出してきたので、どこまで読んだのかさっぱりだったり。

すごい長いのは読んだ記憶があるけど、登場人物さえも怪しい。結婚することになって終わったんだっけ??

(調べ中)

ソナタは読んだ記憶がある。トラウマになりそうな、ある意味トラウマになって、それ以来そのシリーズから遠のいていたけど。痾は読んでない。なぜか一番近くにあったので、先にこれ読んだらやっぱり話がつながってました。その間の巻に何があったのか、さっぱりわからないorz

やっぱりちゃんと順番通り読むべき。が、多分手元にないと思われ;

ともあれ、麻耶氏といえば神様ゲームでも危うくトラウマになりかけ、あれ、子ども時代に読んだら絶対トラウマになるよ、な後味の悪さに苦虫を踏み潰す。

それはそれとして、メインはがっつりとアリバイもの。家の地図といい、タイムボードといい、手のこみよう。が、途中であきらめました。ごちゃごちゃしすぎて、誰と誰がすれ違ったとかさっぱり理解できそうにない私の頭。それ以前に大きな問題は家族の名前が似すぎて、誰が誰だかわからないんですけd!!

そんなわけでだらだら読んで、だらだらと真相を知ったからというわけではないけど、そこまで衝撃がなかったといえばそれまで。最後までミステリというわけでもなく、驚きの真相みたいな。神様ゲームのほうが熱かった。

メル様に期待! ★★
├麻耶雄嵩トラックバック(0)  コメント(0) 
2006'01.03.Tue

私的雑記10

遅くなりながらも新年の挨拶とか。

あけましておめでとうございます!
今年もいっぱい本読むぞ!

といっても明日から仕事orz

本屋に行って、買い忘れていた本を山のように大人買いしようとしたら、思ったよりもなくてこのミスまで買ってしまった次第です。かつくらもぱらぱらとしか見てない気が。
それにしても今年はこのミスに入っている本は神様ゲームしか読んでない。今年こそ読も。とりあえず今は金田一のために本陣館を読んでみたり。

毎年自分の中で一番熱かった本を選んでみたりするんですが、今年あまり読んでn

でも時間が経つと活字が恋しくて仕方がなくなるようなので、またもりもりと読むと思う。アリスも楽しみ。積読もなんとかしなきゃ。
あー埋め火も……!!

というわけで今年もよろしくお願いします!

去年の一番熱かったのはミラかな……。
まだ途中orz
雑記トラックバック(0)  コメント(0) 
 |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。