--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 
2005'10.22.Sat

「木曜組曲」恩田陸

木曜組曲

「あたしが時子姉さんを殺したんだわ」

DVDにもなってるんだ。知らなかった。

またに読みたくなるなる恩田氏。
少し収まったがまだまだ続いてます「そうだ!恩田陸を読もうプロジェクト(SOP)」。

Q&Aを読もうとしたけど、曲つながりでこっちを先に。

話が展開していくミステリと謎が少しずつ解けていくミステリがあるとしたら、これは後者。

女の人ばかり集まって、それもみんな物書き、もしくはそれに関わる仕事、でお茶会というのは恩田氏らしいというか、らしくないというか。全体的に漂うまったりとした甘ったるい雰囲気はちょっと違うなーとも思ったり。またりーとしてるのに、いきなりドキッとくる緊張感がある意味恐い。

でもいざ謎が明かされるというときになって、ゆるい空気が流れたのは恩田さんだ!と思った。この緊張感とゆるみが。全体的に仕掛けが甘いけど、またりーと。

ちょっと気になる豪華キャストDVD! ★★★
スポンサーサイト
├恩田陸トラックバック(0)  コメント(0) 
2005'10.22.Sat

「孔雀狂想曲」北森鴻

孔雀狂想曲

半分ぐらいまで読んで、やばい、これ、

 は ま り そ う だ 

と確信した。

越名さんがいい。安積との会話もいい。

工藤さんに似てるなとも思ったけど、それに比べたらちょっと強気だったり、へたれだったり、冬狐堂さんほど詳しくもなかったり、他の人に比べて、普通の人に近いんだ。あの人たちが人並みはずれてるのかもしれないけど。

細い目といい眠たそうなとこといい。安積に対して言葉遣いが悪いとことか、兄さんに劣らずの負けず嫌いとなとことか、すごく好き。安積とすごくいいコンビだと思う。

というか、どこにでも出てきそうな、こうゆう子が北森さんのに出てくるのがめずらしくて。ちょっとびっくりしましたよ。でも安積のバカなとこがすごくかわいくて、ちょっぴり癒しです。

越名さんがやさしさゆえに安積に対して厳しかったり冷たかったりすると、どうしようもないくらい越名さんにきゅんときてしまう。そのくせ押しに弱い(自覚あり

めずらしいことに今回は食事シーンがなかったけど、それはそれで読んでいてお腹がすくことはないからいいのかもしれないけど、狂乱でさえあの食事シーンはぐっとくるものがあった。あー、工藤さんの手料理が食べたい。

これシリーズ化してくれないかなー。瑠璃では越名さんの頭が大変なことになっているようで、一回読んだのに、すっかり忘れてます。狐闇と瑠璃はもう一回読みたい。

開店休業中! ★★★★
├北森鴻トラックバック(1)  コメント(0) 
2005'10.20.Thu

9月の覚書ー

それぞれの感想に飛びますー。

「東京S黄尾探偵団―Kの処刑場」響野夏菜
「動物のお医者さん 全八巻」佐々木倫子
「ローワンと魔法の地図」エミリー・ロッダ
月別一覧トラックバック(0)  コメント(0) 
2005'10.20.Thu

8月の覚書ー

それぞれの感想に飛びますー。

「されど罪人は竜と踊る」浅井ラボ
「硝子細工のマトリョーシカ」黒田研二
「闇匣」黒田研二
「青猫屋」城戸光子
「ぼくらのミステリークラブ」さとうまきこ
「都会のトム&ソーヤ2」はやみねかおる
月別一覧トラックバック(0)  コメント(0) 
2005'10.17.Mon

「幻獣遁走曲―猫丸先輩のアルバイト探偵ノート」倉知淳

幻獣遁走曲―猫丸先輩のアルバイト探偵ノート

「ね、ちょっと面白かったでしょう。こんな妙なこと、なかなか経験できませんからねえ」

ひさしぶりの倉知氏。
星降りでは衝撃を受けて、放課後読んで以来だ。

すごくポップで明るい話ばかりなんで、こうゆう話も書く人なんだ。と思っていたならば、解説でこっちが珍しいんだと知りました。本当はもっと暗いのね。猫丸さんもあんな人だから明るい話しだと思ってましたよ…。

というのもシリーズ何作目になるのかわかんないけど、猫丸さん初めて読みましたよ。

ちょっと謎が解けるものもあるけど、全部ほのぼのする話で。あー、こっちが例外なのね。ちょっと伊良部思い出しました。あれの最初も読んでない。読みたいなー。

病院の話が好きです ★★★
├倉知淳トラックバック(0)  コメント(0) 
2005'10.16.Sun

「ドッペルゲンガー宮―あかずの『扉』研究会流氷館へ」霧舎巧

ドッペルゲンガー宮―あかずの『扉』研究会流氷館へ

「ぼくは鳴海くんが無事に戻ってくるためだったら何でもする」

たいへんよく萌えたでしょう。

なんだかわりとアマゾンではたたかれてるようだけど、俺としてはさしぶりに本格だった!と満足。霧舎氏だから青春いっぱいでどうかなって思ってたんだけど、読んでいったら本格だったのですらりと読めました。

が、途中から後動さんによって、激しく萌えました…。最初から鳴海くんが好きだったのですが、後、後動さん!!後動さんのあの台詞は、も、たまりません…!仲間を思ってのことだとも思うけど、深読みしてしまうのがフ女子の宿命。
後動さん、あなた!そんなに鳴海くんのことが……!
鳴海くんが行方不明になったときは後動さん以上にはらはら。もうね、カケルくんとユイのラブコメなんて、目じゃないくらい激しく後動×鳴海萌え。

冷静で頭脳明晰で仲間思いのリーダー×ちょい調子のりーで実は繊細な自称名探偵!

こ、これだ!!!

ちょっと無理した鳴海くんが「後動さんが助けてくれると信じてたから」なんて言ったら……! 激 萌 え !(ハアハア
二番目、二番目と言いつつ、ちゅーしてるユイとカケルくんもちょっとかわいいですけど、鳴海くんには負ける。

大仕掛けも連続殺人も二転三転の推理も本格大好き ★★★★
├霧舎巧トラックバック(0)  コメント(1) 
2005'10.13.Thu

「ねこのばば」畠中恵

ねこのばば

久しぶりの若旦那!きゃー!も、若旦那かわいすぎる!す、好きだ…!(告白

このシリーズも三冊目。
友人なっちんに勧めたら見事に続き買ってましたよ。このほのぼの感がすごく好きだ。ついでに仁吉が好きだ。素敵すぎる。

若旦那もみんなに愛されすぎなのですが、今回の僧との対決は微笑ましいとなんというか、若旦那!頑張ったな!と手代たちじゃなくて、手放しでほめてあげたくなるぐらい母性本能をくすぐられます。ある意味手代たちにとってはたまらないだろう。

にしてもこんなに死人がいっぱい出てくる話だったかな。既に一、二巻の記憶があやしいですけど、いっぱい死体がでてくる……。

各タイトルページの小鬼が最高にかわいい。

若旦那はあわててるのに、手代二人はほのぼのとしてたり、でも最後は若旦那の言うことを聞いてしまうという。普段は文句なしにかっこいいのに、若旦那がからむとちょっとへたれな二人がなんとも言えない。

多分この二人は若旦那がお嫁さんもらっても嫉妬はたまにしても、熱心にただ若旦那の幸せだけを願うんだろうな。それで若旦那が幸せなら嫁をもらってもいいというか。ひたすら若旦那のここだけを思うんだろうと思う。そしてそれを素で受け止める若旦那(萌

佐助の話がたまらなく切ないです… ★★★★
├畠中恵トラックバック(1)  コメント(0) 
2005'10.10.Mon

「怪盗ファントム&ダークネス EX-GR1」藤野恵美

怪盗ファントム&ダークネス EX‐GP1

なんとなく。

児童書というよりラノベっぽいと思ったのはイラストのせい。内容もかろうじて児童書らしさを保ってる。が、ラノベでもいいんじゃないの。ラノベと児童書の肉薄。

なんていうか、先生怪しすぎ!
なんかイイ!と思ったのはビリーと先生の会話。萌えポイントがマイノリティーですいませ。

父さんを探すために参加するとか、怪盗もいやいやとか、強気な母さんとか、怪しい師匠とか、勘違いですれ違いの淡い恋とか。割と好きです。

どうやら二巻もあるらしいので、機会があれば読みたい。

怪盗はやっぱりアルセーヌ・ルパン派か… ★★★
├藤野恵美トラックバック(0)  コメント(0) 
2005'10.09.Sun

「私が語りはじめた彼は」三浦しをん

私が語りはじめた彼は

「村川くんはいいやつだよ」

いつかお昼のワイドショーでかなり詳しくやってました。最初の三崎さんの章。だから結構ミステリなのかなて、先生は出てこないけど、先生のまわりを描くことによって最後に壮大な謎が明らかになるという感じのものだと思ってたんですが。

うわー。この言い回し方ちょっと苦手かもと思ったりもしたのですが、氏の書く男同士の関係(!?)がなんとも言えず好き。先生と三崎さんなんて、すごくアレなんですが、少年スキーとしては椿くんと呼人の章が非常に悶えました。う、うん。たまんない。椿くん、あれは殺し文句だ……!あれだけで満足ですよ……。

言い回しは人によって、しつこかったり美しかったり崇高だったり。割と私は苦手。あまり本読まない女性がすきそうな感じ。

予言が好きです ★★★
├三浦しをんトラックバック(0)  コメント(0) 
2005'10.08.Sat

「ぼくらのケータイ 3days」さとうまきこ

ぼくらのケータイ3days


「いや……。ちょっと、テレるなあ」
 ぼくはぽりぽり、頭をかいた。「なんだよ。いえよ」と、雄介。
「いやあ……。じゃあ、いうけどさあ。あのね、オレにはおまえがいるから。だから、強気? でいられるし、毎日学校へいくのも楽しいわけじゃん。でも、もしも、おまえがいなくて、クラスでも、なんていうか、ういてて? ひとりぼっちだったら……。わかる? オレのいいたこと」



きゃー!や、やだ!何この恥ずかしすぎる二人は!!

氏の本はぼくらシリーズしか読んだことないのですが、は、恥ずかしい!!そのくせ激萌。このやたら仲のいい小学生。

クラスでも浮いてて、何をするにも一緒。他の奴と遊ぶよりも二人のほうが楽しいと!注目すべきは二人の会話。ど、どれだけ好きなんだよっ!!恥ずかしすぎて悶えながら転がる勢いでしたよ。淡い恋心もなんのその、遠く憧れよりも近くの本当の愛に気づくのはすぐそこだだ。


多分ね、早熟な雄介のほうが先に気づいて、避けたりするようになって、それに省吾が傷ついて、泣かしてしまって、告白、みたいな王道。もしくは割と大人な省吾から自然と言ってしまうみたいなパターンも素敵。とにかくこの二人の将来が楽しみで仕方ない。もうね、微笑ましいを通り越して、こっちが赤面ものです。


本当二人で見詰め合って、小突いたりするんだよ。並みの親友じゃない。


バリカン坊主意外と似合うと思う ★★★★
├さとうまきこトラックバック(0)  コメント(0) 
2005'10.06.Thu

私的雑記9

十月ですよ!十月なんです!(遅
気づいたら十月だった。最近やたらめったら眠いので早い時間からベッドに入ってます。でもだらだら本読むので、結局寝るのが遅くなって、やたらめったら眠いのです。気づけば多分もうすぐか、もしくはこっちも一周年なんじゃないのって。日記用にBBSかりて、その後blogに移行したので、正確な日付がわかりませんが。しかも読んだ本すべて書いてるわけじゃないから、年間読書数がわ、わからない。


<読みたい本
こう天気がいいと、うまいコーヒーでももって日なたで読書とかしたい。と言いつつ、今年はそれをよくやってました。なんて贅沢!とりあえず今読みたいのは放置プレイ中のリコと京極。両方とも分厚い本を途中で放り出してました……。どこおいたんだろ。すごいと噂の黒夜までは読まなければ。京極も雨の帯のあおり文句がた、たまんない。えのさん、あなた……!神だ!まだ蜘蛛の途中ですが。姑獲鳥もこっちこなかったし、もう、かりるしか!それよりもミュ早くでないかなー。出たらまた一緒に悶えましょう、なっちん。そして散々押したりくんをいじめましょう!そしてかわいい長太郎とかっこいい宍戸さんを……!
いかんな。何話しても最後はトリシシにいってしまうorz


<6
そんなわけで手元にようやく6の四巻があるわけですが、未だに手も足もつけてません(どきどき
妹も6読み始めました。どきどき。「ネズミて人間?」と聞いてきます。どきどきです。でもどちらかというとバテリ属性ですので、6で悶絶しすることはないと思う。ミラも放置プレイしてるよ!むしろ焦らしプレイ中。じれじれ。うずうず。楽しみは取っとく派です。


<引きこもりサイト
なんですが、本当はいろいろとカキコとか挨拶とかしたい……!TB返しも!リンクも増やしたい!メインサイトもなんですが、引きこもりで。遊びに行きたい!リンク増やしたい。そして語りたい!ついでにどこかにすごく萌えるような本ないかなー。
雑記トラックバック(0)  コメント(0) 
2005'10.06.Thu

「神様ゲーム」麻耶雄嵩

神様ゲーム


麻耶氏っぽいというか、謎が謎のままというか、一言言うなら後味がよくない。本当に児童書か悩むところ。天球の誓いはやりすぎとして、二人の友情には萌えましたとも。その後はいろいろと大変でしたが。ミステリなのかSFなのか。いろいろと伏線を張り巡らして、回収できなかったような印象も。もしくはわざと残したような。


神様! ★★★
├麻耶雄嵩トラックバック(0)  コメント(0) 
2005'10.06.Thu

「狂乱廿四孝」北森鴻

狂乱廿四孝


孔雀かりようとして間違えましたorz


しかも時代物……。やっぱり苦手な時代物。最初から頭がコーンカラマリ。でもさすがの北森氏。緻密だ。萌えポイントをしっかりと押さえてるわけです。太夫はもとより陰間も。田之助太夫は壮絶なほど美しく華々しく、毒々しいほど。それを囲むまわりの男どももね、すごくいい。入れ込んでたり、遠くで見ていたり、お峰ちゃんもかっこいい。もっとすんなりと話の中に入っていけたらいいんだけど、やっぱり苦手で。
最後はしっかりミステリ。


この人の雰囲気作りがすごくうまくて、好きです。読み終わると幽霊画が恐い。


あー!もちろんこの前の那智先生は見ましたよ! ★★★
├北森鴻トラックバック(0)  コメント(0) 
2005'10.01.Sat

「袋綴じ事件」石崎幸二

袋綴じ事件


はっちゃけ高校生コンビとへたれリーマンも四冊目か。
密室本なのでこの本自体も袋綴じに。


今度は八丈島へお出かけ。ミス研から孤島研究会に変わってるのにはわらた。女子高生コンビには勢いがあるけど、全体の勢いが落ちてる気も。高校生コンビの推理にははらはらしながら。いったい何をやらかす気なのか。どきどきはらはら。タバコ犬まで出てきたのはにやりと。恐るべしタバコ犬。やっぱり薄いと物足りないなー。でもこのサービス精神は大好き。


希ガスは孤高の人なのか。高校の授業思い出しました。軌道がどうのというのはもうすでにさっぱり。


有機化学落とした人!ノ ★★★
├石崎幸二トラックバック(2)  コメント(0) 
2005'10.01.Sat

「試験に出ないパズル―千葉千波の事件日記」高田崇史

試験に出ないパズル―千葉千波の事件日記


本気で解こうとします。が、いつも途中までしか解けません。にしても間違えて三冊目から読んでしまった。


川渡しの問題が好きです。とりあえず本気で考えるために、頭の中にルールを入れて、本を閉じて考える。そして悩む。こうゆう問題はアレだね。試験にばっちり出てますよ。公務員の教養で。判断推理で。距離の問題にしても夫婦の問題にしてもまさに判断推理。嫌いじゃないけど、二分半という時間制限には泣かされる。


へたれ浪人生ぴいくんの本名が気になる。一、二巻読んでないからその間に出てきたのかと思ったら違うんだ。ぴいだからひよことかかなーと思ったけど、違うみたい。難しい。子供でも笑える名前ってなんだろ。饗庭くんも謎なやつで、真っ黒な格好で、私の研究室にもそんな先輩いたよ、髪も長い。いかにも怪しい。


文化祭もあの女装はサービスですか!あいにく女装萌えのスキルが低下してて、切ないことにかわいいこばかり出しても萌えないのですが。本当どんな学校なんだか。


アリスがところどころ出てたのはうれしかった。


さて、パズルです。A社の車はガソリン1缶で1200km走り、B社の車は1缶で1800km走る。1缶を二社の車でわけて、同位置から走らせるとB社の車がとまったところを800km過ぎて、A社の車がとまった。さてB社の車は何キロ走ったところでとまったのか? ★★★
├高田崇史トラックバック(0)  コメント(0) 
 |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。